留学コンシェルジュ

日曜コラム 成田空港での見送り

サマースクールに出かける生徒たちを見送りに成田空港に出かけました。
3連休の初日なので朝の成田空港、第一ターミナル南ウィング出発階は、
チェックイン待ちの人たちでかなりの混雑でした。
今回は、家内と一緒に出掛けました。
すでに2人の息子は独立して家にいません。
これからは、なるべく家内と一緒にいる時間を作ろうと思っています。
「空港って独特の雰囲気があるわね」と家内が言います。
― うん、一つとして同じ空港はなく、それぞれに個性がある。人々の表情が明るいところやうきうきとしたしぐさを見ているとこっちも元気になる。空港は好きだよ。
などと会話をして、待ち合わせた生徒の家族と会います。
家内ですと紹介すると、みなすんなり受け入れてくれて、
これからサマースクールにでかける子どもたちも元気に挨拶してくれます。
日本では、仕事とプライベートは明確に分けますが、
今回はプライベートと仕事を混ぜました。
私が訪問するボーディングスクールでは、プライベートと仕事は完全に
学校という組織のなかで混在しているので、
私も良い所は日々の生活、仕事の中に取り入れたいと思っています。
「隆一(私たちの息子、長男です)がサマースクールに行ったのも今日の生徒さんと同じ時期だったわね」
― そうだよ。ちょうど同じだ。小学校6年生。
「あれから何年」
― ・・・・。タイムフライズ!
「かわいい子どもたちね。お兄ちゃんの方は時々不安そうな表情だったわね。でも、妹さんは、お兄さんがいるので安心した様子ね。」
― なるほどね。お母さんからも兄がナーバスになっているということを聞いたけど、まあ大丈夫でしょう。みな、このような経験を経て成長していく。しかし、兄がいるから妹は安心というのは、なるほど然りだ、納得だよ。
私の使命は留学を通じて一人前の人を育てることです。
そのために、時として母親としての家内の意見がとても参考になります。
コンサルタントは総力戦です。私が担当している子どもたちのお世話については、
既成の仕事観や概念に捉われずに、子どもたちが最も成長するためのサービスを
提供したいと思っています。
彼らが無事学校に到着するまでは、親はとても心配です。
出発した生徒5人が無事JFK国際空港に到着し、
学校出迎えのバスに乗ったとの連絡が早朝にありました。
ホッする瞬間です。
彼らの夏の体験、それを早く聞きたいと思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189