留学コンシェルジュ

ボーディングスクール留学

前日のブログで小学、中学、高校留学を実行するにあたり、最も優先して考えなければいけないのは渡航時期ということを私は述べました。また、留学手続きを進める際に本人が在学する日本の学校が私学の場合、留学に必要な書類を書いてもらうことが予想外に難しいということも書きました。
大学は日本に固執せず、日本を含む世界で選びたいということがわが子の教育方針の根本に設定されるケースが多くなっていますが、小学校までは、親子は一緒に過ごし、教育も日本で受けるというのが一般的です。
そこから後の教育が問題です。
もし、大学を世界基準で選択するとすれば、世界とコミュニケーションが取れなければなりません。今のところ世界言語は英語と考えていいと思います。それが堪能でなければ自らを世界のスタンダードに高めることはできません。
日本の受験勉強での英語では、それが達成されないのです。その理由は今まで、幾度となく私は述べてきましたが、ひとことで言えば、受験する側が本当に英語を必要と思っていないということになるのではないでしょうか。
留学すれば、英語が必要になります。これは必然です。日常生活に必要な英語力と学校生活でのそれは、当然のことながら異なりますが、とにかく、留学すれば英語を使わない訳にはいきません。
かくして、日本だけにとどまっている環境を変えて、英語を道具とする環境にあればそれを使えるようになるという英語力を獲得する第一段階はクリアできます。日本で、面白くもない受験勉強に耐えて、せっかく獲得した英語力も大学生になれば、急激に消失していく運命にある環境とは全く違います。
それが世界基準の教育の第一段階と私は考えています。
世界基準の教育として留学がそれを最短距離で達成できると仮定すると、中学校時代に留学し、高校時代に英語力を最大限に伸ばし、大学を世界で選択するという構図が完成します。
この構図を達成するのに、ボーディングスクールが単なる英語力を身につけるというだけではなく、生涯にわたり自分の大きな知的財産となる人間力をも身につけられるという観点から入学希望者が世界規模で広がっているのではないかと思います。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189