留学コンシェルジュ

英語学習―学習のための必須要素

これから留学を目指す人たちには、広い視野に立って学習を追求してもらいたいと思います。広い視野に立つためには、そのための環境づくりが欠かせません。先生から教えられることも大切な学習の要素ですが、「学ぶ」という精神活動には、恒に「なぜ」を考えさせてくれる人、考えられる環境とそれができる時間的余裕も欠かせないと思います。そして課題に対するリサーチ、ディスカッション、発表というプロセスも学びを飽きさせないためにとても重要です。
広い視野に立って納得するという原則を英語学習に当てはめてみると、英語は言葉ですから、それが使えることが楽しい、役に立つということが日々実感できる留学はとても魅力的に思えます。楽しければ、それをよりマスターしようと工夫するようになります。
それはごく自然な人間のいとなみにちがいありません。自然で意地をはらずに、すなおに生きている人は、年齢に関係なく、語学の習得が可能と思います。
日本の場合、導入からすぐに英語を読んで理解することに進んでいきます。そのために文法的知識が不可欠なのですが、この時点で多くの生徒が英語に対する興味を失っていきます。その主な理由は、勉強がつまらないからです。それでも、問答無用で授業は進み、塾や家庭教師で学ぶことを補い、しっかりした学習習慣を身につけた生徒が英語授業についていける反面、そのような補習措置を取らない生徒は、自力で英語の勉強にチャレンジしない限り、コミュニケーションの道具としての英語をマスターすることはできないばかりか、英語嫌いになってしまいます。
中学、高校と6年間も英語の勉強が継続されていても、依然としてほとんどの生徒は英語を使うことができません。しかし、英語の需要はグローバル社会のなかで、増す一方でそれをマスターすることは、大学入試だけでなく、その次の就職でも求められているにも関わらずです。
どうして、勤勉といわれている日本人でありながら、6年間かけても生活レベルの英語すらマスターできないのでしょうか。生徒の側に立って考えれば、「英語の勉強がつまらない」からでその先に進まず。先生の側からすれば、「生徒が勉強しないから」ということになります。
その一方で学習習慣を身につけた生徒が使えない英語をマスターして、入試のための勉強に耐えて「勝ち」ます。しかし、英語を学び、使うことの楽しさの実感がないので、入試を境にして、学んだ英語は急激に忘れ去られていくというのが今の中等教育英語学習の現状ではないかと思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189