留学コンシェルジュ

その2 留学のための英語準備 - 中学校からの留学

<前日のブログに続きます>
中学校からの留学準備で最も大切な英語読解力の学習について考えています。
読解力の基礎を充実させるために、語彙力と文法力は欠かせませんが、日本式の英語学習は「暗記」することを基本としています。単語、熟語、重要表現の暗記、そして文法においても注意すべき事項や例題が必ずあります。生徒たちは、まだ英語学習初心者ですから、学ぶべき優先順位は参考書や授業で教えられることの順番になります。
覚えることが優先される学習なので、その単純作業をこなせる忍耐力、集中力を持たなければいけません。なぜそうしなればならないのかという生徒からの根本的な問いに対しては、彼らが満足する回答はなかなかありません。
受験が目的である以上、合格ラインに到達する学習の内容ははっきりしているので、そのための「暗記」ですから、「なぜ」と聞くほうがナンセンスなのかも知れません。したがって、日本の生徒たちは、幼少のころから単純作業に慣れるように学習面においても訓練されることになります。年齢が若い分、順応力もありますし、すなおですから教えられるままに学習作業をこなしていきますが、彼らが本来持っている好奇心や疑問、そして情緒感覚などは受験という競争の中では、「邪魔」であるのかも知れません。
では、受験とは関係ない中学留学の準備で読解力を伸ばすためには何をどのようにしたら良いのでしょうか。
第一に、もっとも必要とされる英語を、合理的に学ぶことに集中します。文法の例外規定は無視して、英語の文章構造を徹底して理解させることです。主語、動詞、目的語、あるいは補語という文章の骨組みを教え、主語、動詞、目的語を修飾する句や節を徹底して理解させることです。
「留学してそのようなことを学んでいくのではないか」という意見もありますが、現実的には、英語で英文法を学ぶことは、留学生の英語力からしてとてもハンディになりますし、時間もかかるので、日本でできる限りの準備をしていくべきなのです。そうすることで、現地に行ってからの学習速度が劇的に変化します。
この構造理解は暗記的要素が中心を占めることはありません。いわば、文章パズルを解いていくようなものです。生徒が興味を持てるような文章を用意して、その内容を理解させることで、さらに英語圏の文化に興味を持てるようになれば、生徒たちはある程度まで自発的に学習行動がとれるようになります。
(つづく)

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189