留学コンシェルジュ

留学環境へ適応するために 中学留学

中学生の留学のメリットとリスクを今までいろいろと述べてきましたが、留学生と受け入れ校、そして留学生のご家族に共通する目標は、早く英語をマスターして、新しい環境で最大の教育的成果をあげるということになると思います。
それを達成するために、受け入れ校は留学生の英語というハンディを補うために特別英語クラスや個人教授などを工夫しています。留学生の特別英語クラスは、ESL、ESOL、EFLなど国によって呼び方は違いますが、英語圏特有の文化として、自主的に学習しながら、覚えていくという日本とは違った学習スタイルを取ります。それを身につけるまで、日本からの留学生たちは戸惑いや失敗、そして迷いなど、留学当初の「壁」を乗り越えなければいけません。
どのようにして乗り越えるかについては、先週、先々週のブログで述べたように、留学して日本とは比較にならない量の英語に接し、それを吸収して、消化するという留学生活の日常のなかで、留学生たちは英語を身につけるということになります。しかし、中学生の場合、英語理解のための基礎知識に欠けているがゆえに、読むことと、書くことに熟達することは、容易なことではありません。
先々週からの繰り返しになりますが、日本の英語教育においては、読解にとても優れていて、正確に英語が読めるためにとても合理的に学習ができるようになっています。その反面で、日常生活に困らないための英語というのは、あまり教えられていません。また、英語での作文も同様に、自分の意見を述べるための具体的な方法が教えられていません。
英会話を学ぶための教材は、書店に行けば、豊富にありますが、日常会話に困らないだけの英語力を身につけている人は日本では、驚くほどに少ないと言えると思います。
また、英作文に関しては、あくまでも日本語を英語に直すという作業が中心であり、自分の意見を英語文化のルールに従って表現するという作業は、日本では皆無に等しいのではないかと思います。
高校生以上であれば、英語の基本はすでに学校で教えられていますし、解らない点を自ら明らかにして、その対策を立てるという思考が可能な年齢でもあるでしょう。しかし、中学生のうちは、英語に対する学習が未熟で、問題解決力も高校生に比べれば、低いので、留学初年度にどのような問題が予見できて、それをどのように解決するかを十分に検討する必要があると思います。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189