留学コンシェルジュ

小学・中学留学 TOEFL Juniorについて

留学生のアメリカ大学入試ではすっかり定着したTOEFLですが、中等教育機関への入学に対する英語力判定のためにTOEFLJuniorが開発され、実施されるようになりました。
この試験、開発の意図はSLEPに代わるものと考えられます。SLEPという英語の試験は、リスニング74問、読解71問の4択テストで高校生以下の留学生の英語力を計るために開発されました。以前に何度かブログでも取り上げましたが、SLEPはすぐに採点できる、日本で英語を学習した人であれば、大学生まで幅広く英語力が試せる、留学機関であれば、原則テスト購入が可能など、機動性に富み、1時間半で英語力が判定できるために、とても便利でしたが、テスト管理と採点が実施団体に100%委ねられるため、学校側からの信頼が不十分でした。
SLEPを土台にしたTOEFLJuniorは、留学機関であれば、購入できるところまではSLEPと同じですが、テスト実施に関する管理基準を強化し、採点はすべてテストセンターが行うようになりました。また、試験の内容もSLEPより難易度を高く、問題量も多くしてより正確に受験者の英語力を判定できるようになっています。問題数はリスニング42問、文法・語彙42問、読解42問、それぞれの所要時間は41分、25分、50分です。
これから小学校高学年、中学、高校からの留学を目指す人は、TOEFLJuniorを一度は受けることをお勧めします。この試験のリスニングセクションは、実際に留学したときの学校やクラスでの生徒同士、あるいは先生と生徒の会話などを基に作成されています。留学での現場を知ること、そしてその対策を考えるためにこのテストは、留学希望者にとって十分に参考になると思います。
リスニングだけではありません。文法や語彙、読解についても同様です。アメリカで作成されたテストは、日本人が作る英語の問題よりも実践的です。すくなくとも使われていない言い回しや、例外的文法知識を問うようなことはありません。その意味でも、TOEFLでは難しすぎるという中学生、高校生の留学希望者にとっては、有意義なテストと言えると思います。
このテストは、日本の主だった留学機関であれば、実施することができます。もちろんE-Conciergeでも実施しています。ですから、受けたい時期に試験会場が満員などで2-3か月も待たなければならないということはありません。
小学校の高学年から中学校での留学を検討されている生徒には、ぜひ一度、英語力を計るために受けてもらいたいテストです。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189