留学コンシェルジュ

ボーディングスクール留学 - 世のため人のための実践

ボーディングスクールではよく発展途上国へのツアーが組まれます。
日本の修学旅行という学年全体がツアーをするということはありません。
たいていの場合、引率の先生は2-3人でツアーグループは
数名から20名くらいです。
ツアーの目的は、現地で学校を作る手伝い、井戸を掘る手伝い、植林など
目的地で必要とされていることを支援するということになります。
これらのツアーは、おおよそ3週間ほどある春休み期間か、
夏休みに行われ、現地調査、活動報告など、参加者には宿題が与えらます。
ボーディングスクールは全校生徒数の平均が300名あまりと
日本の学校に比較してとても規模が小さいくなります。
規模が小さい分、全体としてのまとまりを彼らは重視します。
ツアーに関しては、単独学年ではなく全学年が対象となることが一般的です。
受験の準備で忙しい11年生(高校2年生)も、結果のでた12年生も、
寮生活に慣れ始めた9年生(中学校3年生)もみな参加できます。
ボーディングスクールが生徒に教えたいこと、
それはグローバルな世界で何が起こっているかを知ること、
その中でリーダーシップを発揮するためには何をすればいいかということ、
人に感謝される、人に感謝するために、
生徒たちは何ができるかということなどです。
ボーディングスクールの教育は、受験に気がねしません。
「受験があるから」ということは、生徒個人が考えるべきことで、
学校として生徒に教えたいことについては、ぶれません。
生徒一人ひとりに考えさせ、その結論を尊重します。
時々、生徒は自分が選択したことの重さにへこたれて、弱音を吐きます。
そんな時、アドバイザー(先生)、メンター(先輩)などは、
「誰も、完璧な人間なんていないさ、思い切って捨てること必要だ」などと
対等な人間としてのアドバイスをしますが、実行するのは、
生徒自身であって、それ以外の誰でもない。
それを、生徒に理解させるのも、ボーディングスクールのとても重要な教育です。
ボーディングスクールが生徒に最も教えたいこと、それは、
生徒たちがこれから生きていく社会にどのように対応するか、
その基本姿勢です。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189