留学コンシェルジュ

中学高校留学 - 英語力伸展法 学校を実際に見ること

<前日のブログに続きます>
「幼少時から英語を使うことに慣れるためにはどうしたら良いか」
という質問を良く受けます。
小さな子どもたちのための英会話教室も最近は増えてきましたが、
教室の中の状態を日常では維持できないために、英語を子どもたちの
コミュニケーションの道具として定着させることは難しいと思います。
インターナショナルスクールという選択もありますが、この選択を
小学校からすると、読み書きなどの基礎学力をすべて英語で行うわけですから、
本人が将来日本を中心に生活するとなると、社会的な適応に問題が起きる場合も
十分に想定されます。
小学校時代、子どもたちにとって最も大切なことは、すなおなこころ、
好奇心、探究心などを滋養することではないかと思います。
これらは、学校で学習できるものではありません。
また、知識として点数で評価されるものでもありません。
しかし、すなおで、好奇心があり、夢中になって何かをできるからといって、
それで難関中学に合格できるわけではありません。
そして、これらを育成するためのいわゆるプロフェッショナルな
教育機関があるわけでもありません。
すなわち、分野別で考えれば、学習に関しては、学校であり、
こころ、意識、精神に関することは家庭教育ということになると思います。
そこで、幼稚園から、小学校の低学年にかけて、提案したいのが、
外国旅行、観光でなく世界の学校を見るということです。
images.jpg
これが高校? イギリス イートンカレッジ
imgres.jpg
アメリカ フィリップスアカデミー アンドーバー
中学高校留学の場合、留学を計画し、渡航の時期が確定してから、
学校を見学するというステップになります。
そして、ほとんどの場合、学校を見た志願者とその家族は、
その施設と環境、そしてそこで学ぶ生徒、教える人々に大感動します。
「日本ではありえない」と学校を見学した家族は例外なくいいます。
親子でその気持ちを継続することができれば、すなおに、好奇心を持って、
教育の選択肢はぜひ世界でと考えられると私は確信します。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189