留学コンシェルジュ

アメリカボーディングスクール留学 - 学校の分類

アメリカのボーディングスクールを一言で定義すれば、寮生活を中心とした中等教育機関となります。中等教育は前期(中学校)、後期(高校)と日本では分けますが、アメリカでは日本のような明確な分け方はなく、高校は九年生(日本の中学三年生に相当)から十二年生(日本の高校三年)の四年間となっています。
高校の前はミドルスクールと呼ばれますが、ボーディングスクールの世界においては、ジュニアボーディングスクールと呼ばれています。この学校群は小学校を併設しているところが多く、学年も一年生から九年生まで、あるいは一年生から十二年生まである学校もあります。ただし、寮生の受け入れについては、小学校の五年生ないしは六年生くらいから行うのがボーディングスクールでは一般的です。
アメリカの場合、高校については、ボーディングスクールも一般のハイスクールもその学年は九年生から十二年生とおおよそ決まっていますが、中学校については、高校のようにきちんと学年が固定されているわけではありません。ジュニアボーディングスクールのなかで、中学校に特化している学校をあえて、プライマリーフォーカスといいますが、その数はニューイングランド地方に十校あまりです。
ジュニアボーディングスクールの目標は、そこで学ぶ生徒の基礎教育部分を充実させて、それぞれの生徒に合ったボーディングスクールに入学させることです。
日本からの留学生受入れは、ボーディングスクール、ジュニアボーディングスクールともに積極的に行っています。前述した一年生から十二年生までのいわゆる一貫校については、日本の私立一貫校とは異なり、小学校の入学に関しては、入学難易度は日本の有名私立一貫校のように高くはありません。また、留学生に関しては、小学校での受け入れをしないわけではありませんが、寮施設がないのと、学校はホームステイの手配はしないために、実質的な留学生受入れは盛んではありません。
日本からボーディングスクールへの留学を考える場合、留学する生徒の精神的成熟度、社会性、学習力などを考えると、小学校時代から親元を離れて異文化の中で暮らすことが、適切かどうかはわかりません。
小学校の高学年ころから、サマースクールへの参加は可能ですから、夏の時期に一か月余りの異文化体験をして、長期の留学は中学校時代から始めるのが、理想的と思われます。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189