留学コンシェルジュ

日曜コラム 秋は学校訪問のシーズン

毎年、秋はボーディングスクール訪問のシーズンです。
関東地方よりも一カ月ほど早く、紅葉を迎える
アメリカニューイングランド地方を今年も、
九月から通算すると、四回ほど訪問します。
訪問先校や宿泊先がオーバーラップすることがあっても、
季節や時間によって毎回違った表情を見せてくれます。
今回は七日日曜日からのアメリカニューイングランド地方の訪問でした。
コネチカット州、ハートフォードからスタートして、
北上し、終わりはメイン州、ポートランドです。
メイン州の下、ニューハンプシャー州は、もうすぐ冬です。
各ボーディングスクールのツアーガイド役の生徒たちは、
ジャケットのみの軽装ですが、あと一カ月もしないうちに、
オーバーコートが必要となるでしょう。
成田空港に到着し、家路に向かう電車から見る千葉の田園と空港近くの
こんもりとした森はまだオールグリーンで鬱蒼としていて残暑すら
感させます。そして、いつものことですが、アメリカで乾燥しきっていた肌が、
帰国とともに日本の湿潤な気候にうるおされていきます。
同行のご家族と別れ際、「お世話様でした」と挨拶すると、
お母さんが、「帰ってきましたね。また、現実が始まります」
― そうですね。確かに今週は特別でしたね。
特に、今回の学校訪問では、お母さんはニュージャージー州に
三年ほどご主人の仕事で滞在し、その間に学生として大学で学んだそうです。
「子どものための学校訪問ですが、半分くらいは懐かしさでした・・・」
とお母さんが語っていたのが、印象的でした。
学校訪問とは関係ない余談ですが、
メイン州にあるポートランドでご家族の依頼でダウンタウンにある
シティバンク(Citi Bank)立ち寄ることになりました。
その住所は、ホームページで確認されたそうですが、私はご家族を
その住所にお連れしました。ところが、シティバンクは
その建物になかったのです。
代わりに、United People’s Bankという大きな看板が、
当該住所の建物に掲げられていました。
そこに務める銀行マンによると、シティバンクはこの町のどこにもない
とのことだそうです。
ホームページに表記されている銀行が存在しないなどということは、
日本では起こりえないことです。
広大な国土を持つアメリカです。
この国の特性として、自由度の大きさ、
そして自己責任の大きさがあると思います。
次回の渡航は再来週からですが、マサチューセッツ州止まりなので、
雪は体験しないと思います。しかし、
ペンシルバニア州のボーディングスクールからニューヨーク州にある
学校まで500キロを超える移動があります。
安全運転を心掛けるとともに、いよいよ鮮やかな紅葉を
楽しむこころの余裕を持ちたいと思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189