留学コンシェルジュ

中学高校留学―良い教育を考えましょう

教育が大切なことは、誰もが認める自明のことがらです。良い教育を受けることが良い人生を築く基礎になると考えられていると思います。そのために、良い幼稚園、良い小学校、良い中学校、良い高校、良い大学、良い大企業あるいは役所、良い結婚、良い家庭、良い老後という人生のために、早期から教育ラインに乗るというのが、日本の教育の現実かもしれません。
問題は教育の中身にあると思います。いわゆる良い学校で行われている教育とそうでない学校で行われている教育とは一体何が違うのでしょうか。一般的には、覚える内容の質と量の違いにあるのかもしれませんが、私は「覚える」ということそのものを問題にしたいと思っています。覚える内容の質と量がいかに高くても、子どもたちの本音は、「なぜ覚えなければいけないか」ではないかと思うからです。
以前、日本でフィンランドの教育方法が話題になったことがありました。その理由はフィンランドの子どもたちが学力世界一になったからです。その教育の基本に、子どもたちの自主性を喚起させ、自ら問題に向かうという積極的なこころを生ませるということがあると思います。この理論と実践が日本の教育で行われたらすばらしいと思います。
「なぜ覚えなければいけないか」という子どもたちの疑問にストレートに答え、かつ彼らが自主的に積極的に勉強に取り組むというすばらしい教育文化を日本に直輸入し、そのまま使えれば、それほどいいことはありませんが、果たして現実はどうでしょうか。
もしそれが、可能であるならば、大手予備校や塾が実行しないわけがありません。また、多くの学識者や教育者が現地に飛び、そのノウハウを日本の教育に根付かせるために努力していると思います。しかし、いずれも世の中の話題になっているわけではありません。ということは、フィンランド方式で日本の子どもたちが学力世界一になる実現の道は先の先、あるいはまったく未知ということになると思います。
私は今の日本の教育問題を解決する大道というのは、ないのではないかと思います。その理由は、日本経済を劇的に回復させる方法が見当たらないのと同じです。日本全体を一定の方向に向けることができるでしょうか。
これからの良い教育というのは、日本全体の教育というシステムから与えられるのではなく、あくまでも教育を受ける側が一つずつ、作っていくもではないかと思います。
(つづく)

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189