留学コンシェルジュ

日曜コラム-大寒を過ぎて

こよみの上では大寒を過ぎましたが、今年は観測史上最大の「ラニーニャ現象」
とやらで、猛暑、極寒と私たちをとりまく自然は厳しくあります。
帰宅する人たちで混雑する私の住む東京郊外の駅の構内から、
石焼いもの甘いかおりがふわふわと漂ってきました。
空腹にこのにおいは刺激的です。
私の先をゆく二人ずれのOLとおぼしき女性の会話が聞こえてきました。
「あっ、なーにこの匂い」
「うーん、たまんない」
「いいよね、おいしいよね、あったかいし」
「でも、だめだめ、絶対だめ・・・」
早口で、自然で、考えて言う前に、口が勝手に言っているような印象でした。
そして、やけに深刻で、明るく自分に言い聞かせるような最後のフレーズに
私は思わず吹き出しそうになりました。
彼女らは必至に自分と戦っている。
食べだしたら止まらないのかもしれない。
甘いものはしごをしてしまうかもしれない。
実はこれは昨年の冬のことでした。
そして、1年がめぐり、今年も同じようなルーティーンが駅で繰り返されます。
きのうは駅を出たところで移動クレープ屋さんが店開きしていました。
数人の人たちが順番を待っています。
軽トラを改造したキッチンプレートの上で、
若者が絶妙の手さばきで生地をのばしています。
職人芸を見るのも楽しいといった様子でした。
甘いものは人を和やかにすると思います。
若いとき、私は絶対辛党だったのですが、
最近は時々、お母さんたちからいただくクッキーや洋菓子を
感謝をもっていただいています。
「ありがたいなあ」と思い、これからも納得できる留学のお世話を
追及してゆきたいと思っています。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189