留学コンシェルジュ

インターナショナルスクール元校長のお孫さんが学ぶボーディングスクール

インター・ナショナルスクールには多くの有名人の子弟が
学んでいると言われています。都内のあるインター・ナショナルスクール元校長先生の
お孫さんが学んでいるボーディングスクールがアメリカのバーモント州にある、
St. Johnsbury Academyです。
about_top_left[1]
英語を母国語とし、教育熱心な元校長先生のお孫さんですから、
アメリカのテンスクールズないしはそれに準ずるボーディングスクールで、
学んでいると思ったのですが、元校長先生は信頼できる人に、
可愛いい孫の教育を委ねたようです。
St. Johnsbury Academyの現副校長のJack Cummingsさんは80年代初頭から、
現在まで20年以上にわたり、そのインター・ナショナルスクールと
親交を結んでいました。
そして、ボーディングスクールの恒として、多くの職員が、
学校を3-4年で他校に移ってゆくなかで、
25年間一筋にSt. Johnsburyで自分の職責を全うし、
現在、副校長となったボーディングスクールの世界では稀有な人です。
Jackさんは入校当初から、留学生受入れのためにESLを整備し、
長年にわたり留学生のお世話にかかわってきた経歴を持ちます。
St. Johnsburyはボーディングスクールの生徒数平均が300名あまりなのに対し、
3倍以上の生徒が学びます。
寮生数は全体の25%ほどですから、地域のための学校でもあるわけです。
優秀な生徒もいるなかで平均以下の生徒もたくさんいます。
それ故に、寮生はそれなりの自立心と自主性が求められます。
日本人留学生は現在4名で、韓国、中国からの留学生総数50名に比較して、
大変少ないので、平均的成績と意欲があれば受入れの可能性は十分考えられます。
学校施設の充実度、選択科目数の多用さはレベル4の学校と双璧と私は、
考えています。
英語力は自信がなくても、チャレンジ精神のある生徒さんにお勧めの学校です。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189