留学コンシェルジュ

合格体験談-関西学院大学法学部司法学科

アメリカ、ボーディングスクールを今年卒業した平井光博君が、
関西学院大学法学部司法学科に合格しました。
おめでとうございます。
光博君は2002年アメリカ、コネチカット州Indian Mountain Schoolに入学しました。
中学課程を終了後、Tilton Schoolに進み、今年卒業しました。
ims.jpg
Indian Mountain School
学年: 中学(7年~9年)
滞在:寮
都市名:コネチカット州、レイクビル
生徒数:261(寮生78、通学183)名

7年間、アメリカで過ごしましたが、大学受験でのグループディスカッションや、
小論文では日本語でしっかりと自己表現ができたようです。
10代半ばでも、家族の絆がしっかりとあれば、
世界のどこでも人に愛され、自分の世界を広げられ、
日本の大学で学ぶことも可能となります。
お母さん、お父さん、7年のあいだ、
幾多のご苦労もあったと思います。
これから、光博君がご両親からの教育投資へ、
配当されると思います。
光博君、これからも国際弁護士目指して頑張ってください。
Tilton Library
Tilton School
学年: 高校(9年~12年)
滞在:寮
都市名:ニューハンプシャー州、ティルトン
生徒数:243(寮生191、通学52)名

FIA国際教育アカデミー(http://www.fia-academy.co.jp/)にての、
受験勉強体験記(抜粋)を下記に引用させていただきます。
私は小学校卒業と共に高校卒業に至るまで米国に七年間留学した。
帰国当初「日本の大学に入学できるのだろうか」、と不安を感じたが、
関西学院法学部に合格することができた。
私の合格の背景にはFIAでの勉強があった。
FIAでの英語、小論文、社会の授業で、
先生方から優しくも厳しくまた熱心に指導をしていただいた。
英語の授業では読解力、単語、文法を主として学んだ。
小論文の授業では主張を順序だって論理的に述べる術を学んだ。
社会の授業では小論文を作成するに不可欠とも言えるアイディアと、
物事を知ることの楽しさを学んだ。
以上三つの授業にて学んだ内容は大学受験に役立ったことはもちろん、
大学生活や就職活動などに還元できると思う。
受験勉強期間が短期間ということもあり、先生方は要点を絞って指導して下さる。
円滑に要領よく学ぶことができた。
私の受験した関西学院大学の入試ではFIAで学んだ「成人年齢引き下げ問題」、
「裁判員制度」の二点に対して賛否を問う設問が出題された。
私はFIAでの勉強が幸いし、関西学院から合格を勝ち取ることができたと思う。
2010年度FIA大学受験必修コース受講 平井光博

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189