留学コンシェルジュ

#2 Columba CollegeとSt Kevins College訪問

<前日のブログに続きます>
Columba Collegeは、ニュージーランドの南島、人口12万人弱でクライストチャーチに次ぐ2番目の海辺の都市、ダニーデンの丘の上にあります。
この学校は留学生の受け入れを90年代半ばから積極的に進めてきました。この学校の基本情報を下記に示します。
学校種類:統合学校(Integrated)
学年:1~13
総生徒数:629名
留学生の総数:28名
留学生としての寮生受け入れ:11歳以上
ニュージーランドの留学生受け入れとアメリカ、ボーディングスクールのそれの明確な違いは、留学生担当者の有無です。
ニュージーランドの学校では、各学校に留学生を担当する部署として、インターナショナル・デパートメントがあり、そこには必ず受け入れ責任者がいます。学校の規模に応じて、事務担当者、ホームステイ手配の担当者が加わります。
アメリカの場合、留学生受け入れまでは、アドミッションオフィスが担当しますが、入学後、アドミッションオフィスは留学生のお世話から離れます。しかし、ニュージーランドでは、留学生担当責任者が出願から卒業まで一貫してお世話の担当をします。留学生の成績報告、年に4回ある休み期間のホームステイの手配、空港までの送迎、病気や怪我をした場合の世話、学校生活での情報など、窓口が一貫しているので、とてもわかりやすく安心です。
Columba Collegeの留学生担当責任者はSue Maderyさんです。中学校部門(Year7)から女子校となるこの学校では、留学生の受け入れは90年代半ばより積極的に進められてきていて、多くの留学生がこの学校を卒業後、ニュージーランド国内、国外の大学に進学しています。
今年は日本からの留学生8名のうち、3名が卒業しますが、そのうち2名はニュージーランドにある大学への進学を決定しています。
ダニーデンから国道1号線を海岸沿いに北へおおよそ2時間、人口13000人若の海辺の町、オマル―にSt Kevins Collegeはあります。この学校の基本情報を下記に示します。
学校種類:統合学校(Integrated)
学年:9~13
総生徒数:441名
留学生の総数:5名
留学生としての寮生受け入れ:9年生(日本の中学校2年生)
丘の上にあるColumba Collegeに比べると平地にあるこのSt Kevins Collegeは学校の敷地面積が10倍くらいあるように感じます。ニュージーランドのいわゆるハイスクールに相当する学年はYear9から12ですから、St Kevins Collegeは典型的なニュージーランドの高校と言えます。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189