留学コンシェルジュ

「アメリカ大好き」と留学生活

日本のインターナショナルスクールに通うある小学4年生が
ジュニアボーディングスクールのサマースクールに行きました。
結果は、すこぶる良好で本人は留学への意欲を燃やしたのですが、
「アメリカ大好き」の強烈なインパクトは、
日本批判に結びついてしまったようです。
本人は折に触れて、ジュニアボーディングスクールでの夏の体験を
懐かしむと同時に、長期留学への憧れを強くします。
そして、そのエネルギ-を保つために、あるいは更に燃焼させるために、
母国の生活がぼやけてしまうのでしょう。
親の庇護下にある子どもたちにもたらされる異文化ショックで
時々見られるこの現象は、留学を経験した人なら
おそらく誰しも一度は経験していることと思います。
異文化と付き合っていくための必然的な経験であるならば、
それを早期に受け入れ、しかるべき対策をもって、
乗り越えることが最良の策と思います。
この生徒の通っているインターナショナルスクールでは、
完全なアメリカ式教育が行われているのではなく、
おそらく日本式テスト対策なども組み込まれているので、
この生徒のアメリカでのジュニアボーディングスクールでの体験は、
より鮮烈だったと思います。
特にこの学校のサマーは、選択科目の多さは特筆に値し、
勉強、芸術、音楽、化学、社会、ITなど幅広い分野から、自分の好きな
こと、興味のあること、やりたいことなどができることが評判の学校です。
参加者も毎年100名を上回り、世界から留学生たちを集めます。
出発の成田空港では、半泣きであったその生徒も、
ひとりで体験した新しい世界での生活に、自信と確信が持てたのでしょう。
さて、本人のなかの日本批判をどのように解消するかですが、
おそらく、長期留学を始めれば、徐々に日本批判は収まると思います。
第一に、本人が家族に対する認識を新たにすること、
第二に、異文化での長期滞在で、その短所も多く発見するからです。
生きるということに、完全など到底ありません。
本人のなかで、一時期、ジュニアボーディングスクールでの勉強方法が
憧れに見えても、長い人生から考えれば、一瞬の出来事とも言えます。
この転機に家族の絆をより強固にするために、
留学を通じて親子のコミュニケーションが活性化されれば、
本人の日本人としてのアイデンティティーも確実なものとなると思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社KITE小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ / 運営(株)KITE〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189