留学コンシェルジュ

休日コラム 初めてのカナダへの旅

友人と連れ立ってカナダのバンクーバーを訪れる妹から、
注意事項指南を依頼されました。
友人のお嬢さんが現在、バンクーバーに留学中だそうで、
そのお嬢さんと会うことと、観光が目的だそうです。
妹はカナダ訪問は初めてで、海外旅行も十数年ぶりです。
3人の子どもを成人させ、自らは介護の仕事に携わり、
母の特別養護老人ホーム(特養)への入居から
仕事の合間をみて訪問するなど多忙な日々を送る妹ですが、
久々の海外旅行を9月1日に控え、あれやこれやとわからないこと、
不安なことが多く、この休みに母の特養で会うことになりました。
現地に行ってしまえば、友人の妹さんが世話をやいてくれるので、
成田からの渡航、機内、そして入国までの手続きに質問が集中しました。
夕方に日本を発つエアーカナダ4便は、9時間余りのフライトで朝、
バンクーバーに着きます。
100ml以下でジッパー付き透明容器に入れれば機内持ち込みできる
液体物の実際や、サプリメントなどの入国の際の取り扱いなど、
かなり細かく彼らの心配はありました。
機内持ち込みの液体といえば、女性の場合ほぼ化粧品ですから、
ルール通りに持参すれば、没収はまずありません。
サプリメントの錠剤も1週間程度であれば、封を切っていない
ものを持参すれば、問題にされることはほぼありません。
入国の際も、妹は友人とは別に入国審査をすると思っていましたが、
同一行動をとる場合は、We are togetherと言えば、
審査官もおおよそは一緒に入国審査をしてくれます。
現地での買い物、食事、そのほかの支払いはおおよそクレジットカードで
行うことができるので、現金の持参は100ドル~200ドルで十分であること。ポーターやシャトルバスドライバーへのチップのため、
1ドル札はすくなくとも10枚は用意した方がいいことなどを
アドバイスしました。
飛行機は、離陸後水平飛行に移ると、飲み物と夕食が出されるので、
できれば、渡航日は飛行機に乗るまでの食事を控えめにして、
機内でしっかり食べることが、その後のリラックスと睡眠に良い
影響を与えること。座席は通路側が移動に便利なこと、
エコノミークラスでは、CAのコールボタンを押しても、
無視されることもあるので、そのような時は、自ら彼らのところに行って、
要件をつたえることなど、私が経験した渡航時のポイントは
おおよそ1時間半のミーティングで彼らに伝えました。
「英会話は、単語だけでも通じるの」という難しい質問に、
私はYESと答えました。とにかく、何か言わなければ、
次はあり得ないからです。
単語だけで通じなければ、アクションを考える、笑顔を作る、
類似語を言ってみるなど、考え、行動することさえ厭わなければ、
つまらない旅などないと私は思います。
ツアーでない海外旅行は初めての二人の視点に、
私自身が気付き、学ぶものも多くありました。
妹と友人の二人旅、仲の良い二人の主婦ですが、
次の相談、アドバイスが早くやってくると良いと思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189