留学コンシェルジュ

日曜コラム 夢

「あっ夢か・・・」と目覚めてほっとする時はありませんか。
年に数回はそのようなことがあります。
つい数年前まで、大学時代の生物とフランス語の夢をよく見ました。
何もやっていないでテストに臨んでいるので、
解答を書くにもかけず、かといって白紙で出すわけでもなく、
結局、どうしようというところで、夢のおわり、すなわち目覚めを迎えます。
そんな時は、学生でなくてよかったと思います。
留学時代の夢はそれほど見ることがないことからすると、
おそらく、学生時代の不勉強の戒めを受けたのでしょう。
自らの仕事の夢はそれほど見ませんが、最近、衝動的な夢を見ました。
親の命を受けて、留学先まで送り届けたその生徒が、
なんと、私よりも先に日本に帰ってしまうという夢です。
この夢には、伏線がありました。
現地に送っていった生徒の入寮を手伝い、2時間ほどで片づけもおわり、
幸いにも生徒寮長が日本人だったので、何かあれば先輩生徒のバックアップも
あると安心して、ホテルに戻り、お母さんに報告のメールを書きました。
翌朝、メールを確認すると、本人は極端なホームシックのようで、
帰国したい旨をお母さんにラインで伝えたというのです。
翌日、予定よりも早めに学校に行き、オリエンテーションの合間を縫って、
本人と会ったのですが、思ったよりも本人は落ち着いていました。
昼食も普通に食べましたし、「帰りたい」と泣き叫ぶわけではありません。
学校に特別許可を申し出て、本人と生徒寮長さんと三人で小さな
電気釜を買い、レストランで食事をしました。
次の日、再度学校に行き、本人に「日本に帰りたい?」と聞くと、
答えは「うん」でした。
これが、おそらくその晩の夢に直結したと思います。
良きにしろ、悪しきにしろ、今まで見た夢のなかで正夢はありません。
皆さんはいかがですか。
幸いなことに、その生徒は若さと順応力、そして学校のサポート協力もあり、
徐々に現地の生活に慣れつつあります。日々、私は安堵しています。
正確には思い出せないのですが、おそらくわが子の留学時代、
息子の夢を何度か見たような気がします。
何度か、愚息のことはブログに書きましたが、
勉強嫌いをどうにかするために、国際電話でTOEFLの勉強を自ら教えるなど、
親ばかの典型のようなことをしたので、夢を見るのも当然です。
できるのであれば、寝覚めの良い夢を見たいと思います。
3月、4月と渡航がありますが、その時見る夢は、
元気のでる夢を見たいと思います。
そのためには、どうしたらいいか。
仕事に精励します。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189