留学コンシェルジュ

4 ボーディングスクール訪問 その時期

<昨日のブログに続きます>
一月から三月、第二期での学校訪問はランク5のテンスクールズは該当しません。一月はまだ締め切りではないので、訪問は受け付けてくれると思いますが、ランク5とランク4のボーディングスクールへの訪問はできれば年内に済ませておきたいところです。
第二期に訪問を受け付けるボーディングスクールは、ランク4の学校の一部とランク3の学校です。1月末がボーディングスクールの出願の締切日ですが、それで定員に達するのはランク5の学校のみではないかと思います。ランク4の学校になると、2月以降も継続して募集する学校があります。ランク3、ランク2の学校になると、第三期すなわち1年を通じて生徒の出願を受け付け、入学時期も9月だけでなく後期の始まる1月上旬からの生徒の受け入れも行っているのがアメリカボーディングスクールの実際です。
TABS加盟のアメリカボーディングスクールは主に高校が主体で、そのほか、ジュニアボーディングスクールという9年生が最高学年という学校群があります。9年生から12年生というのがアメリカのハイスクールすなわち高校の学年で4年間です。9年生は日本の中学校3年生に当たります。
ボーディングスクールへの留学を目指すのであれば、9年生からの入学がお勧めですが、日本との学年のギャップが1年間あるためにある程度英語力のある生徒は10年生からの入学を認めてくれる学校を探し、英語力のない生徒はランク3の学校で初級のESLクラスがある学校への入学をお勧めします。
ESLが初級からある学校はランク3、ランク2のボーディングスクール群に多くありますが、これらの学校のアドミッション(入学審査)方式は出願の締切日とともに、ローリング(Rolling admission )とTABS、ボーディングスクールレビューでは表記されています。ローリング方式とは、入学審査に必要な条件が揃えば、合否を決定するということです。すなわち、締め切り日1月末日を過ぎたのちは、寮の部屋が満室になるまで生徒募集を続けるということです。
ランク5からランク2までのボーディングスクールをどのような基準で出願校を絞り込み、それらの学校にどのような時期に訪問を実行するか、おおよそ理解していただければ幸いです。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189