留学コンシェルジュ

ニュージーランド高校留学情報

舞台のメンバーと ホストファミリーとの一枚
CATS
先日ブログでもご紹介したMarlborough Boys Collegeに2008年1月から1年間留学したK君が地元の劇団が公演をした「CATS」のメインキャストに抜擢されました。公演は1週間続き、日本で習っていたダンスの成果を留学という舞台で見事に発揮しました。
留学前、英語が得意科目ではなかったK君ですが、日本の高校に在学しながらも、ダンスや音楽に興味があり、ぜひ本場で自分を試したいと思っていたそうです。彼にチャンスが巡ってきたのは、在学校の姉妹校への留学制度の活用でした。ダンスの本場はアメリカですが、問題は英語力と海外経験。躊躇せずに留学制度に申込み、1年間の留学を果たし、現地ではブラスバンドでトランペットを吹き、CATSのメインキャストの座も獲得しました。
K君が日本の学校に復帰して感じたのは、自分の英語力の伸びです。留学前、SLEPテスト*のスコアが30点余りだったのが、50点を超えるほどになったのです。これは英検と比較すると2級以上に相当する点数です。
*SLEPとは:中等教育の留学時に一般的な英語力検定試験
また、英語の授業も理解できるようにもなりました。もちろん、そのレベルに到達するまで、引っ込み思案の性格と戦い、「間違っても恥ずかしいことはない」という結論に達するまで相当の苦労と努力があったことは言うまでもありません。
現在高校3年生のK君は受験を控えて忙しい日々を送っています。今度はブロードウェイを目指してると話してくれました。
海外の高校の芸術科目の分野の広さ、科目の多さ、そして設備の充実ぶりには、日本からの多くの留学生が驚くところです。今までと違った自分を発見し、チャレンジしたい人を私たちは応援します。

関連記事

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189