留学コンシェルジュ

週末の過ごし方 - ボーディングスクール留学

ボーディングスクールは一般に水曜日と土曜日の午前中を授業、午後をスポーツの試合に使います。それぞれのボーディングスクールが所属するスポーツのリーグがあり、その試合が水曜日と土曜日の午後行われます。リーグに所属する学校はおおよそ車で3時間以内(200~250キロ内)の距離にあります。試合はホームとアウェイで行われ、いずれの学校も勝利の時は、学内の目立つところにあるベルを選手が鳴らすことが慣習になっています。
ボーディングスクールの週末は寮で暮らす生徒たちを飽きさせないように、あえて土曜日も学校開けているようです。もちろん、すべての生徒がスポーツの試合に参加するわけではありませんから、基本的に土曜日の午後から生徒たちの週末が始まります。
土日には、通常5-6種類の学校主催のイベント、外出などが予定されます。近隣のショッピングモールに出かける、映画を見る、プロスポーツ観戦、美術館、博物館などへの訪問、地域社会活動、ボランティア活動などが週末外出メニューです。
これらはすべて生徒自身の選択制で強制ではありません。自主選択はアメリカボーディングスクールでの基本です。それに慣れているとは言えない日本からの留学生は最初の一年は、自ら選んで参加することに積極的になれずに、おいてけぼりの状態も何度かは経験するようですが、その失敗がないと自主選択の精神を学ぶことはできないと思います。
ところで、留学生の週末、その週にやり残した勉強の課題ですが、それを土日で挽回すると意識のなかでは、意欲旺盛なのですが、現実的には、アウェイでの試合への参加や映画鑑賞などがあれば、土曜日は夜まで寮に帰ることができませんから、更に勉強とはいかないようです。
週末を上手にコントロールして、日常生活のなかからの英語力の獲得にも増して、さらに通常のクラスでの宿題をこなし、ジュニアボーディングスクールであれば、8年生から本格化する高校入学のためのSSAT対策、TOEFL対策を考えなければなりません。
高校としてボーディングスクールであれば、SAT対策とTOEFL対策を恒に意識しながら、学校での成績を良いものにするという意識を10年生くらいから持たなければ、自分の希望する大学への入学は難しくなります。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189