留学コンシェルジュ

Cardigan Mountain School訪問

10月も終わりになるとアメリカ、東海岸地方は朝と夜がかなり冷え込みます。吐く息は白くもう少し経つと雪の季節です。
今回の学校訪問はアメリカのニューイングランド地方を北から南に下るルートを取りました。最初のジュニアボーディングスクール訪問校は男子校、Cardigan Mountain Schoolです。学校の基本情報を下記に示します。
総生徒数:213人(寮生187人、通学生26人)
学年:6年生~9年生
留学生(寮生)受け入れ学年:6年生~9年生
創立年:1945年
全校生徒に占める留学生の割合:37%
日本人生徒数:5名
今回、ツアーガイドを務めたのは私が2年前にこの学校にお世話した今年8年生になる生徒とアメリカ人通学生の7年生の生徒2名でした。2年間で心身ともに大きく成長した生徒とアメリカでまた再会することができることはコンサルタントの至上の喜びです。
この学校の1日のスケジュールを下記に示します。
7:00 朝食
7:30 寮生、部屋の片づけ確認
7:45 授業開始
10:00 休憩(クッキータイム)
12:40 昼食
1:15 担当別学校清掃
1:35 担当教師との自習時間
2:30 スポーツ開始
6:15 夕食
7:15 夜の自習時間
9:30 消灯
Cardigan Mountain Schoolでは昼食までに6時間の授業はすべて終了します。昼食後、生徒たちは各自の役割分担した清掃を済ませて担当の先生のもと自主学習を1時間行います。そして、スポーツタイムの始まりです。ボーディングスクールでは体育の授業はありませんが、学習が終わってから2時間余りはスポーツに充てられています。水曜日と土曜日は交流試合の日充てられ、1年を3期に分けそのうちの2期はチームスポーツをすることが生徒には義務付けられています。
スポーツを終えて、シャワーを浴び夕食を取った後に夜の自主学習時間が1時間あります。その後は1時間余りの自由時間があり消灯となります。
2年前、英語がほぼわからずに6年生として入学した私の生徒によると、最初の3か月余りはホームシックにもなれないほどにボーディングスクールの日常はたいへんで、混沌としていたそうです。授業に出ても何も解らず、発言など全くできません。学習するのも何をどこから手をつけていいのかわからなかったそうです。それでも彼がこの学校を中途で挫折することなく、現在に至っているのは、周囲の人たちの素直さと優しさを彼がこころから感謝することができたからでしょう。もちろん、彼をバックアップした日本のご両親の努力も相当なものであったはずです。
彼は、この学校では、テストの点数だけが評価の対象ではなく、「努力」が点数になると言っています。英語が不自由でも、自習時間や土日を活用して、先生への質問などのやる気の表現が彼の英語力増強に役に立ったと思います。
その苦労は並大抵ではなかったにもかかわらず、温和な表情の彼から愚痴や留学を否定するような言葉は聞かれませんでした。
これからも日本からの訪問者の生徒やご家族に彼は良い貢献ができると確信します。次回の学校訪問がとても楽しみです。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189