留学コンシェルジュ

ボーディングスクール訪問-新たな入管システム

アメリカの主要な空港の一つ、シカゴオヘア国際空港の
入国管理システムが電子化されました。
二年前ころまでこの空港に夕方つく国際線の入国手続きは、
長蛇の列で乗り継ぎ時間が2時間では、足りない程だったのですが、
今回は、UA882便の到着が45分ほど遅れたにもかかわらず、
ハートフォード行きの国内線のゲートまで驚いたことに
十分に間に合いました。
オヘア空港到着から国内線ゲートに着くまでの時間の経過を追ってみます。
18:30 成田空港出発(定刻は17:45) 
16:17 UA882便シカゴオヘア空港に着陸
16:40 入国管理局、イミグレーションに到着
16:48 入国手続き終了、国内線ターミナルに移動開始
16:55 ターミナル2でセキュリティ・チェック
17:00 国内線出発ゲートに到着
17:15 国内線搭乗開始
17:55 UA442便、ハートフォード行き、定刻出発
イミグレーションの長蛇の列が消えた理由は、入国管理手続きの完全電子化です。
パスポート確認、入国の目的、滞在期間の確認、指紋採取、顔写真撮影、
といった入国の際のルーティーンを人間の代わりに機械が行うようになりました。
手続きの言語選択もかなりあり、もちろん日本語選択も可能です。
その機械が入管スペースに20台くらいはあったと思います。
最終的には、機械が処理してプリントアウトしたデータを
人間がチェックするのですが、人のみでの処理と比べると
10倍くらい時間が短縮されたように思います。
幸いなことに、国内線のゲートに入るためのセキュリティ・チェックも
入国が土曜日の夕方であったせいもあるのでしょうが、
長蛇の列はありませんでした。
1時間もかからずにこの空港で乗り継ぎができたことは、
今までになかったことです。
入管の機械化で、クルーメンバー専用のブースも消えました。
アメリカの主要な国際空港の入管は、
おそらくこのシステムが導入済みと思います。
乗り継ぎ時間が今までよりも1時間ほど短縮されたとはいえ、
今回のケースは、手荷物を預けていないので、
預けた場合に比べて20分くらい早く国際線から国内線への
移動ができました。
出発遅延、国内線でのセキュリティ・チェックの待ち時間、
を考えると、乗り継ぎ時間は2時間以上を考えてフライトを組むのが、
安全であることは間違えありませんが、
入管システムの電子化は画期的といえると思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社KITE小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ / 運営(株)KITE〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189