留学コンシェルジュ

ハーバードに行かせよう―その2

日本の中学、高校に在学しハーバード大学を受験するのではなく、海外の中学、高校からハーバード大学への入学を目指すことに方針を切り替えたお母さんは、イタリア在住の親戚に、ハーバード大学入学を目指すために、どこの中学に入学させたらいいかを尋ねました。その親戚の方は「ロゼ」を挙げました。ロゼとは、スイスはレマン湖のほとり、ローヌにあるインターナショナルボーディングスクールです。IBプログラムが高校最後の2年間で実施され、生徒の国籍は50以上。寮が完備され、中学からの寮生受け入れはもちろん可能です。
お母さんは、親戚からのアドバイスを基に、自らが納得するべくスイスのインターナショナルスクールについて調べました。スイスラーニングというホームページでスイスの主たる寮つきインターナショナルスクールについては、かなりの知識を得ることが出来ました。そして、その年の10月、東京で開かれたスイスラーニング主催の留学フェアーに参加しました。
スイスのボーディングスクールをインターネットでいろいろと調べていくうちに、お母さんはE-Conciergeのサイトを知りました。私はお母さんとメールと電話での数回のやり取りをしました。
そして、留学フェアーで私とお母さんは初めて面と向かって話をしました。
あの時のことを振り返り、お母さんは、東京で開かれるスイスラーニング、留学フェアーとはいえ、「騙されるのではないか」という不信な気持ちで満たされていたと言います。わが子の未来を託すに値する学校を海外で探すわけですから、お母さんの気持ちも十分に理解できます。
仕事熱心で多くの人と接しているお母さんは独自の勘でもって留学フェアーに臨みました。9校あまりの学校の概要を聞き、2時間あまりスイスの学校についていろいろな質問もしてお母さんなりに納得しました。
その後、近くの喫茶店でお母さん、本人、そして私は中学生からの留学について、以下のことをテーマにして話し合いました。
ハーバード大学入学の可能性
中学校からの留学で必要な知識
留学の時期と準備
中学留学のために必要な英語力
グローバル社会と留学
日本の今後
熱心に私の話に耳を傾けるお母さんの表情は真剣そのものでした。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189