留学コンシェルジュ

その2 スポーツと勉強 - ボーディングスクール留学

競技スポーツで盛り上がるという現象は世界共通ではなかと思います。
世界の各国には、それぞれに国として盛んなスポーツ、得意なスポーツがあります。
たとえば、日本であれば、一番ポピュラーなスポーツは野球、
アメリカであればフットボール、ニュージーランドであればそれはラグビー、
イギリスであればクリケット、ブラジルであればサッカーなど、
国を代表するいくつかの競技スポーツのヒーローになることは、
子どもたちの憧れでもあります。
ボーディングスクールでもスポーツはとても盛んであるだけではなく、
生徒たちにとって、体育の授業の代わりとして、放課後に何らかのスポーツを
行うことが生徒には義務づけられています。
おおよそのスポーツは相手と対戦して勝利することを目標とします。
しかし、勝チームやアスリートがいれば、必ず負ける側もあるわけですから、
中等教育時代に勝ち負けの哲学をしっかり教えることは、
生徒たちの近い将来、すなわち大学への進学に大きな影響を及ぼします。
人生においては、「栄光の勝利」よりも負けのほうがはるかに多いのが
現実ではないかと思います。
たとえば、陸上競技などでは注目をあびるのは、一等賞をとった人ですが、
それ以外の入賞者、そして入賞できない人たちもとても多くいます。
中学、高校の場合、勝利、入賞できなくても、
競技そのものを愛してやまない生徒はたくさんいますし、
そもそもほとんどの生徒がスポーツで生計を立てるわけではありません。
ボーディングスクールの賢いところは、それらの現実を学校側が
理解するだけでなく、スポーツに取り組みたいと思っているいかなる生徒にも
そのチャンスを提供し、自分と同じような技量、能力の生徒たちと競わせることです。
生徒たちのやってみたいという素直な気持ちを実現化する。
どうせやるなら、そこに自分のストーリーが作れるほどに没頭させたい。
そのような理想を実現させる知恵と力をボーディングスクールは備えていると
いっていいと私は思っています。
すくなくとも、スポーツに取り組むのに補欠であったり、戦力外であったりで、
試合に臨めないという状況はボーディングスクールでのスポーツにはありません。
上手な人も下手な人も、それぞれの技量に応じて100%の取り組みが可能です。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189