留学コンシェルジュ

休日コラム 連休時の学校訪問

この2年間、5月の連休は学校訪問に出かけています。
去年は29日の出発だったので、成田空港はとても混雑していました。
しかし、朝の新宿や渋谷の混雑とは違い、人々の服装はカラフルで、
出発ロビーは元気があふれています。
カウンターでのチェックインを終えて、出国手続きを済ませ、
出発ゲートに向かうと徐々に人の波が少なくなってきます。
そして、搭乗時間になると、また人が増えます。
最近の国際線は、複数の航空会社による共同運航(コードシェア-)なので、
機内の混みようは、連休時でも閑散期でもそれほど差はありません。
冬の時期のウィークデーに渡航すると、たまには3列座席に一人などと
いうフライトもありますが、通常は80%以上の乗機率です。
日本の喧騒から離れて、現地に到着すると、そこはとても静かな世界です。
ボーディングスクールは都市や都市郊外にはほとんどありません。
人里離れた場所、英語で言うとin the middle of nowhereか、あるいは
小さな町の「外」にあります。
なぜ、連休時に学校訪問をするかと言えば、お父さんが仕事を休みやすい
ということ、そして留学する生徒も学校の欠席を
最小現にとどめることが出来るからです。
特にお父さんは、いつもあわただしい日本の日常から、
地平線の見えるような場所で数日間を過ごすので、心も休まることでしょう。
そこでは、日没がとても美しく、朝の空気が澄みきっています。
訪問する先々では、笑顔で迎えられますし、野菜やフルーツはとても美味しい。
名所めぐり、グルメ、買い物、レジャーなどは学校訪問にはありませんが、
日本からの訪問した人たちは、ボーディングスクールの教育環境に
デジャブを感じているのではないかと私は時々空想しています。
私自身、学校訪問は何度行っても、マンネリ化することはありません。
その都度、知るべき課題はありますし、生徒はみな一人ひとり違うわけですから、
同じ学校でもアドミッションスタッフとの話も、現場の先生との
会話も違います。
今回はカナダの学校への訪問です。もしかすると遅咲きの桜が
見られるかもしれません。
アメリカに比較して、カナダの東海岸にはボーディングスクールがそれほど
多くはなく、したがって移動の距離もかなりあります。
長いドライブの時こそ、ご家族との車内での会話が楽しみです。
今回の訪問は、留学する本人、妹さん、ご両親の4名です。
皆さんに楽しんでもらう学校訪問にしたいと思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189