留学コンシェルジュ

悩める小・中・高校生 ― 小学・中学・高校留学

今の勉強が自分には向いていないと感じている日本の小、中、高校生はかなりの数に達すると思います。「もっとやりたいことがある」、「勉強そのものに興味が持てない」、「教え方が気に入らない」など、生徒の立場から自由に発言させれば、様々な本音が出てくることでしょう。また、学習に関することだけではなく、生徒間の人間関係で悩んでいる生徒も潜在的にはかなりの数になるのではないかと思います。
一般的には、「なぜそうなるのか」という原因追究を通じて、解決の端緒をつかむわけですが、多くのケースでは、「本人のやる気の問題」、「結局、決めるのは本人だから」などという、近くて遠い問題解決方法に終始しているのではないでしょうか。
勉強に熱が入らないのも、人間関係がうまく行かないのも、本人にはかなり理解できていることで、そんな自分に満足しているわけではないのだと思います。しかし、「どうしたらいいのか」と自分に問いかけても、的確な解答は得られないというのもリアルな現実であると思います。
だから留学するというのは、早急な結論かもしれません。
しかし、留学は今までとは違った視点で問題解決方法を悩める本人に提案することができると思います。すなわち、すべてを刷新してみるということです。
自分が持っている問題や課題の原因を追究して、得られた答えに納得して、対処するというやり方が難しいのは、自分の意識を結論通りに変化させることが困難だからです。「それでも、頑張らなければ」というのは、本人への励ましでも協力でもなく、努力を押し付けているにしか過ぎません。それも解っているけれども、行動に結びつかない本人は、「どうしたらいい」と自問自答を繰り返します。
この悩みのサイクルから抜け出すには、本当の自分が見えるところに行くしかないと思います。そのためには、勉強の方法、人間関係のあり方の基本、そして衣食住まで刷新してみることです。
知っている人が誰もいなければ、自分から求めて、人と知り合いになる行動を起こさなければいけません。そうしたくなければ、自分一人でそのままいればいいのです。食事も、休みの時の過ごし方も、学校での授業への参加も、課題をこなすことも、すべては人から指示されるのではなく、自分から起こしていかなければならない、その時に見えてくる自分が必ずいるはずです。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189