留学コンシェルジュ

早期留学のメリット-中学・高校留学

中学校から高校にかけて留学することのメリットは、語学力の習得にあることは、間違えありませんが、人生で最も多情多感な時期に、親もとを離れて精神的自立をはたすことは、長い人生のなかでかけがえのない経験になると思います。
英語圏の人間関係は、日本のそれとはかなり異なります。日本が組織やグループを大切に調和や協調を重んじるのに対して、英語圏では個人がとても強く、自己主張に対する考え方や意見の述べ方が、日本とは真逆といっていいと思います。そのような環境に10代前半の子どもたちが単身で入っていくわけですから、適応までの困難さは、想像に難くありません。しかしながら、言葉を覚えられない生徒はなく、環境に対しても拒否反応を示し、順応できない生徒もいません。
早期に留学をするメリットというのは、それを実行した生徒や家族からすると、自分を異文化という鏡に照らして、より正確に知ることができるということになると思うのですが、「それは、留学しなくてもできる」という意見も当然あります。また、「自分を知ってどうする」ということも考えられます。
それよりもどれくらいで英語を習得できるか、大学進学がどれほど有利に進められるのか、就職はどうなのかなどの具体的なメリットの説明のほうが重要かもしれません。
もしそう考えるならば、10代前半に留学する必要はないと思います。
今、英語圏の教育機関は、そのマーケットを世界に拡大しつつあります。英語習得、特別知識の習得、そして就職を有利に展開するための戦略など、大学時代に海外で2年くらい集中的に学習すれば、おおよそ自分が必要とする知識や技術は学ぶことができると思います。
では、大学時代の留学と中学、高校時代の留学では何がどのように異なるのでしょうか。それは、繰り返しになり恐縮ですが、自分自身への洞察の違いとしか言いようがないと思います。若くして、親と離れて過ごすことで、親に対する感謝の気持ちが生まれます。そして、自分一人では、何もすることができない、人の力を借りないと自他ともに満足するような結果を導けないという、人としての基本を学ぶことが、早期留学の最大のメリットではないかと思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189