留学コンシェルジュ

英語学習方法 - 小中高留学

英語をマスターするための方法は、英語圏と日本では大きく異なります。日本では、英文法を重視した学習方法を取ります。それに対して、アメリカでは、初心者に英語を教える時に、文法を中心には教えることはないようです。
日本式英語マスター方法は、合理的で時間が節約でき、読解力をつけるためにはとても有効ではないかと思います。ただし、勉強する側からすれば、面白くはありません。なぜならば、読んで理解することが学習の中心に置かれるため、英語を使うというコミュニケーションの手段としては教えられないからです。
「英語を話せるようになりたい」とほとんどの生徒が希望しているのにもかかわらず、いまだに大学受験のための英語学習が中心となっているために、結局ほとんどの人が大学を卒業する時点でも英語を話すことができないという残念な状況が今の日本の英語教育の現状と言えるのではないでしょうか。
英語学習へのアプローチですが、視点を変えてみると、新たな英語習得の世界が拓けるように思います。例をあげます。
ボーディングスクールでのインタビューに備えて、私はある小学校6年生の生徒に英語指導をしているのですが、この生徒は英語でのコミュニケーションがある程度できます。この生徒のお母さんが外国人で生徒が小さいころから、アジアにあるお母さんの母国に年に2回ほど里帰りを繰り返している中で、サバイバルレベル(最低生活レベル)のコミュニケーション手段として英語を覚えたのではないかと思います。
お母さんと私の会話は、半分、日本語、半分英語です。おかあさんは英語が母国語ではありませんが、英語が話せるだけでなく、読み書きもできます。お母さんは学生時代に、熱心に英語を勉強したと思います。
私がお母さんにインタビューの質問肢をお伝えすると、お母さんなりに答えを考えて、息子さんに1日で覚えさせました。
翌日、インタビューの練習を彼としてみると、前日よりもはるかに答えられるようになっているではありませんか。
―お母さん、1日でよくこれだけ彼に覚えさせましたね。
「ええ、この子の年齢なら、このくらいはすぐに覚えますよ」
―そうですか。昨日よりも格段に進歩していると思います。
「それはよかった。留学すれば、英語だけですから、今、やっておかないとね。」
―留学したら、英語を読まなければいけないので、私は彼にグラマーをすこし教えたいのですが、いかがでしょうか。
「うーん、斉藤さん、この子に英語の理屈を教えても、わからないと思いますよ。それよりも、必要な英語をどんどん与えて、使えるようにして、そのなかから自然に覚えていくようにした方がいいとおもいます。」
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189