留学コンシェルジュ

日曜コラム 89歳のお爺さん - 朝の公園にて

冬の時期は寒く、日の出が遅いので、早朝の公園に来る人たちは
とても少なくなりました。
私の日課はこの公園で30分ほど運動をすることから始まります。
雨の日を除いて、ほぼ毎日通っているのですが、7年もすると、
レギュラーメンバーとはかなり親しくなります。
大柄で杖をついたお爺さんと小柄ですが、がっしりした体躯のお爺さんが
いつも楽しそうに会話をしながら散歩をしていて、公園にいる人たちに
「おはよう」の挨拶をしてくれます。時々、立ち止まり、天気のこと、
地域のイベントのこと、運動仲間の消息などを話します。
「ナカムラさんはいつも元気がいいねぇ」と
公園レギュラーメンバーの一人が言いました。
「杖をついたサイトウさんは、74歳、ナカムラさんは89歳だよ」、
それを聞いて私は「えぇー」と思わず声をあげてしまいました。
89歳のナカムラさんは、太平洋戦争にも出征したそうです。
足腰の衰えを防ぐため、最近、自転車を始めたそうで、
川越から小川まで自転車をこいでいくそうです。
片道20キロはあるでしょうから、往復で40キロ以上です。
ナカムラさんは、いつも笑顔で明るい人です。
私の勝手な想像なのですが、彼はどのような時でも笑顔ができる人と思います。
何があっても明るい側を捉えて、考えているのではないかと思います。
そのような精神が根付いているから、肉体もそれを反映するように
とっても元気なのではないかと思うのです。
精神と肉体のバランスの良さをナカムラさんは具現していると思います。
戦争やその後の混沌社会を経てこられたナカムラさんは
たくさんの辛い経験もされたことと思います。しかし、ナカムラさんは、
おおかたの辛苦を笑顔に変えてしまったのではないかと思います。
もちろん、そのポジティブな考え方を支えるだけの入れ物としての
肉体は常に精神のスタンバイ状態でなければならないので、
彼は89歳でありながらも自転車をこいで、遠くに出かけていきます。
また、朝の散歩も欠かさないのでしょう。
「ナカムラさん、いつまでも元気でいてください。こんど一緒に自転車で遠くに行きましょう。」
ナカムラさんは、周りの人々も明るくしてくれます。
もちろん、私も彼から元気の素をもらっています。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189