留学コンシェルジュ

中学 高校留学 - 人を信頼する力

日本の高校までの教育は、初等、前期、後期中等教育に分けられて、
それぞれの段階で生徒に達成させるべき点が明示されていますが、
現実的には大学というゴールに向けて、ひたすら学力を鍛えることに
専念されているのではないかと思います。
学力を鍛える過程で努力、忍耐、達成感、適性などを生徒たちは
学びますが、すべては大学入試に直結しなければ、
価値がないと思われても仕方がありません。
十四、五の生徒たちから、留学前に「いい大学に行かないと留学した意味がない」といったコメントを聞くとき、私は留学の大切さを改めて認識まします。
彼らの「いい大学」の定義は一様に入学難易度の高い学校のことで、
自分がそこで何をしたいのかということが、明確な生徒はまずいないからです。
th.jpg
学校への信頼は生徒への気遣いから 少人数授業風景 於Mercersburg Academy, PA
中学、高校留学は、当然大学選択に大きくかかわりますが、
日本にいた時とは勝手が違い、日常の再構築を余儀なくされます。
今までは、自分の能力、特性、個性などは認識しようが、しまいが、
毎日が学校、塾、家庭教師、習い事などで埋められていました。
これらの日常は、いわば受け身でも成り立ちます。むしろ、言われた通りに
行うことで、すべては効率よく回転していきます。
中学、高校留学では、受け身であること、そして
言われたことをしっかりこなすことが留学当初は全くできません。
あまりにも、語学のハンディが大きく、先生の意図さえもが理解できないのです。
それでも、留学生活が成り立ち、留学生も挫折することなく、
留学を継続できるのは、留学生が現地の学校社会を信頼し、
学校という組織も留学生を信頼しているからであると思います。
留学生を指導する先生は、自らの経験から、留学生たちのたくましさを
十分に認識しています。また、留学生自身も独習のみでは、
とてもやっていけないことを理解して、人の力を借りること、それを
上手に利用することを、学んでいきます。
それは、彼らの日本の日常とは別世界であり、その世界を知ることで、
彼らの人間性は成長することは間違えありません。
もし、大学受験にすべてがセットされている教育的価値観から言えば、
人の力を借りたり、それを上手に利用するということは、
目標に対する迂回であるかもしれません。しかし、長い人生を考えれば、
信頼するこころは、一生涯、彼らが活用できる精神のツールとなると思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189