留学コンシェルジュ

中学 高校留学 - 留学先での「競争」

競争の概念をどのように子どもたちに学ばせるかということは、
教育の現場においては、とても重要に思います。
公平、平等ということと、競争は時として相容れないものとして捉えられ、
徒競走において、みなで手を繋いでゴールインということの良しあしが、
よく話題に上ります。
人がすべて同じ力を持ち、同じ能力であるはずがありませんから、
フェアーな競争は自分自身を認識する手段として、有効なはずです。しかるに、
徒競走における全員が一番、あるいはビリというのは、競争に対する
アレルギー的な反応ではないかと思います。
images.jpg
フェアーな競争は自分自身をしる手がかり Suffield Academyサッカー部
留学という状況での競争は、そもそも語学、生活文化、社会などの点で、
大きなハンディを留学生は背負うことになりますので、
スタートラインが一般学生と比べて、かなり後方にずれることになります。
スポーツや競技においては、スタートでの出遅れは致命的なものとなり得ますが、
留学においては、このハンディは留学生の人間的成長を促すために、
とてもプラスに役立つことになります。
そもそも、学習は人との競争に打ち勝つためにするものではありません。
自分の人生を豊かにするために人は学ぶと思います。
たとえば、留学したての生徒たちは、言葉が思うように使えこなせず、
日々、学習面のみならず生活面でもとてもつらい思いをします。
そのような中にあって、競争の概念など生まれる訳もなく、
ひたすら、生き残りをかけて日々一所懸命に努力するしかありません。
その努力すら、どのようにするのか、果たして、どのようにしたら
合理的に語学が学習できるか、考えている暇などないくらい、
留学当初というのは、混沌の日々です。
慣れない英語での文書表現、盛りだくさんの課題や宿題、
自分一人の学習的限界を認識せずには、留学生は次のステージに
入ることはできません。
次のステージとは、人の力を借りることです。
先生は、「質問に来なさい」というのですが、生徒にしてみれば、
「何をどのように質問したらいいのでしょうか」ということです。
だから、質問にさえも行くことができないのです。
そこでまた、留学生たちは立ち止まり考えます。
この現状をどのようにしたら、解決できるのか。
答えは、実は彼らの意識のなかにあります。
競争という概念でなく、協調、協力に徹することであると。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189