留学コンシェルジュ

中学 高校留学 - 「答え」の出し方

問題に対する答えの出し方を学ぶことは、教育の大きな目的の一つです。
解法に対するアプローチを、いかに早く、正確に見出すために、
子どもたちは日々、努力を怠るわけにはいきません。
本来ならば、学校という教育機関がその役割を果たすわけですが、
現代の日本では、学習技術を集中的に学ぶ場は、学校よりもむしろ塾、予備校、
家庭教師などに偏りつつあります。
であれば、それらの機関を合理的に教育システムの中に組み込めれば、
いいのでしょうが、それほど日本の教育現場はシンプルではないようです。
いくら、学習技術を学んでも、解法に対するさまざまなアプローチを
身につけても、それらの「技術」が子どもたちの将来に対して役に立たなければ、
彼らは直感的にそれらを受け入れないと思います。
もし、教える側が、学ぶ側のシンプルな疑問に正確かつ彼らが納得するような
解答を示さなければ、到底教育の威厳も深遠さも確保できないとも思います。
映画1
好きなことを追及できる中学・高校 - 映画製作に取り組む 於Idyllwild Arts Academy
「答えは生徒自身が持っている」のではないでしょうか。
そうでなければ、留学して半年ほどで、生活に不自由しないほどに、
彼らは語学がなぜ堪能になるのでしょうか。 必要最低限のことは、
誰でも身につけられるように、人間は創られていると思います。
問題は、必要性をどこまで真剣に認識し、追求できるかということです。
「勉強は面白くない、だけどしょうがないからやる」というように
もし、子どもたちが思っているとすれば、それは残念なこと他なりません。
面白いことの選択がないのでしょうか。
選択肢がなく、ある一定の方向に子どもたちを導くことは、
グローバルな流れに逆行しているように思えてなりません。
現代だからこそ、多様な選択肢のなかから、子どもたちが好きなことを
選ばせて、それに責任を持たせたほうが、
彼らの可能性を拡大できはしないでしょうか。
中学、高校時代の留学は、子どもたちにやるべきこと、やりたいことを
選択させ、それをやり抜く精神を植え付けるのにとてもよい環境を
提供してくれると思います。
言葉の学習が必須以外は、かなり選択の余地があり、競争すべきは、
他人ではなく、もちろんテストの点数獲得競争ではなく、
自分自身であるということが、明確に理解できる環境を、
留学は提供してくれます。
「答え」は彼らが初めから持っています。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189