留学コンシェルジュ

○ 留学のための英語力について

留学をこころざす中学生、高校生にとって、英語力というのはいわば貯金のようなものです。それが大きいことに越したことはありませんが、絶対に必要なものかというとそうとはいえません。
ESLという留学生のための英語クラスが英語圏の国々では整備されているところが多いため「英語力がないから留学できない」ということにはなりません。また、目指す国、目指す学校によっても英語力の要求度合いが異なります。
まったく貯金のない状態の生徒が留学する場合、2年間で十分に貯金をしてくださいというのが英語圏の一般的です。ESLクラスは留学生のために英語の読み書きを教える特別クラスですが、日本式の理路整然とした英語理解のための文法、熟語、単語などを細かく、段階的に教えるものではありません。
ある程度までの英語知識があることが初めから要求されることが多いのです。ESLクラスで頻繁に行われているのが、ジャーナル(日記)を書くという作業です。その場合、英語の知識の程度によって、書く内容も長さも変わってくるわけですが、中高留学の場合、生徒の英語力は多くて3段階に分けられるくらいで、どうしてもクラス内で英語力格差が生じてしまいます。
故に、ジャーナルはおおよそが宿題として毎日あるいは、毎週課せられるものであり、先生が生徒のレベルに応じて、添削をしますが、そのレベルを上げていくのは、生徒が日々、授業のみならず、学校生活のなかで英語に積極的に接して、そこから積極的に吸収することが求められます。
文法にしても、日本語でその説明がなされるわけではありません。また、文章の構成というテーマの説明にしても、ヨーロッパの生徒たちにとっては、ごく当たり前の概念である主語、述語、目的語といった説明も、日本人の場合、そもそも主語が生活のなかでは省略されているなど、その基本が違います。そのため、熟達したESLの先生でないと、日本人留学生に対する上手な指導が難しい場合があります。
ESLクラスは留学生のための正規の授業ではありますが、いつまでもESLクラスの英語学習に頼れるわけではありません。その間に留学生は日本で習った英語の総復習が求められるといっていいと思います。
日本においては、退屈な英語文法、英語読解の授業であったかもしれませんが、留学先において、英語を合理的に知る上では、日本の中学、高校の英語学習体系というのは、理解を中心に考えるのであれば、とても合理的であると言えると思います。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189