留学コンシェルジュ

ジュニアボーティングスクール-Bement School

Bement School
入学難易度:ランク3.5
総生徒数:249人(寮生40人、通学生209人)
学年:幼稚園~9年生
留学生受け入れ学年:6年生~9年生
日本人留学生数:0名
創立年:1925年
Bement Schoolはマサチューセッツ州、Deerfieldという町にあります。この学校の隣には、テンスクールズの一つ、Deerfield Academyの荘厳な建物と広大なキャンパスが広がっています。この町はHistoric Areaという指定を受けており、日本でいうと、江戸時代の街並みをそのまま保存している地域と比喩できるくらい、Deerfield Academyを中心として、半径1-2キロの地域は、開拓時代のアメリカに逆戻りしたような景観の地域です。
留学生のためだけのクラスは、ELL(English Language Learning)、とWLT
(World Language Tutorial)で構成されています。留学生は初年度であっても、歴史、科学、数学クラスは一般学生と一緒に行なわなければなりません。ELLは、留学生のための英語クラスで、読み書きを中心に行います。第二外国語授業時間に充てられているWLTは少人数制による留学生のための総合補習授業です。特に、歴史クラスでのテスト準備、エッセイ作成、クラスでのプレゼン技術などを学びます。
この学校への入学に際しては、TOEFLジュニア、SSAT、WISCⅣいずれかのスコアの提出が必要となります。TABSのデータベースにおいても、英語力初級者のリストにこの学校は掲載されていません。
この学校が、留学生に対して初年度から数学、理科、そして社会の科目を現地生徒と一緒に取れるだけの能力、ないしは英語力を期待していることが明確にわかります。日本からの志願者および家族はこの状況を理解したうえで、出願されるのが良いでしょう。
寮生が40人と他のジュニアボーティングスクールと比較して少ないですが、その半数以上は韓国、中国からの留学生です。現在日本人はいません。今年入学予定の生徒もいません。アジア人は外見からでは国籍の見分けがつけにくいため、この学校のキャンパスを歩いていると、韓国人生徒から、韓国語で話しかけられます。みな、陽気で明るく、地元の生徒とも良く交わっている様子です。国ごとに固まっているようなことはないようです。
2013年9月の新学期より、現在建築中の女子寮が完成し、2年前に完成した男子寮と共に、寮施設が刷新されます。学校の学習棟から徒歩で5分ほどのところにあるこれらの建物は、ソーラーエネルギーを利用した省エネ対策がなされた素晴らしい建物です。
寮管理を担当する先生と寮生の関係にも配慮が見られ、小さな学校、大きな家族が実践されていることを実感できる学校です。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189