留学コンシェルジュ

ボーディングスクール-大学進学への留意点

日本が中等教育の六年間を半分に割って、中学、高校と明確に区別しているのに対して、アメリカではその区別が日本よりも明確ではありません。「ハイスクール」と呼ばれる高校はすべてが九年生(日本の中学校三年生)から十二年生の四年間です。そのハイスクールの下にジュニア・ハイスクール(中学校)があります。人口密度の高い都市部ではハイスクールとジュニア・ハイスクールが独立していることもありますが、田舎では小学校とジュニア・ハイスクールが一緒で、ハイスクールのみが独立している、あるいは、小学校から高校まで全部つながっている、というのがアメリカでの教育環境です。
日本からアメリカ、ボーディングスクールに留学する場合、中学校三年間を終了して高校時代をアメリカで過ごすというケースが一般的です。高校時代をボーディングスクール過ごし、英語力、異文化適応力を十分につけ、アメリカの大学への進学を考えるとき、留意しなければならないのは、実質準備期間が二年半であり、3年間ではないということです。昨日のブログでも述べましたが、アメリカの大学はすべてAO入試です。人気があり、入学難易度の高い大学は九月入学に対して、二月末くらいで願書を締め切り、その一、二ヶ月後に合否を発表することになります。
アメリカの大学受験においては、第一志望の合否が判明してから、滑り止め校を受験するというかたちはとらないのです。始めから、第一志望から第五志望(あるいは第十志望くらい)までの大学に一斉に願書一式を提出します。その作業を最終学年の2月までに終えなければならないわけですから、日本の高校一年生の九月に留学するとすれば、大学受験までの実質留学期間は二年と半年弱であることがご理解いただけると思います。
中学・高校留学を計画する際、アメリカの大学受験を目標にするのであれば、日本と全く違うアメリカの大学受験の仕組みのうち、受験の違い、理解していただけたでしょうか。留学した本人が、大学でどの分野に進むか、また、具体的にどこの大学を受験するかは、留学する当初は決まっていないのが一般的です。また、あえて決めても、留学最中にその内容が変わることも十分にあり得ることです。
留学している本人は、学校のカレッジカウンセラー、同級生、先輩などから大学進学に関しては、適宜情報を得ることができます。また、日本で大学受験は経験していませんから、アメリカのそれにも柔軟に対応できるわけです。問題は、それを受け止める親の側に、日本の大学受験をベースにした考え方があると、時として、意見のすれ違いが平行線をたどることがあるということです。そのようなことにならないように、わが子との受験に関するかかわりのバランスを大切に考えてください。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189