留学コンシェルジュ

迷える青年-2

<前日のブログに続きます>
ニュージーランドに彼が行ったのは今年の夏休み、8月中ごろでした。
現地では50年ぶりに北島、オークランドに雪が降るという
異常気象もありましたが、私は出張先の南島から彼に電話をしました。
日本ではこの青年とはほとんどまともな会話はしていません。
私の質問にも短い答えしか返ってきません。
それが故に私は、彼のことが心配でした。
確かに彼の兄が言うとおり、留学は、自分で決めなければいけません。
行かされて、現地に行ってから「ぐずぐず言う」ということが、
留学を体験している兄にしてみれば、耐えられないくらいに
潔くないことなのです。
―まさか、そこまでこの青年は頼りなくはないだろう・・・。
私は勝手にそのように思っています。
―しかし、気になるなあ。食事食べているだろうか。英語通じているだろうか。東京と違って何もないところで、自暴自棄になっていないだろうか・・・。
青年がニュージーランドに到着して2-3日後に
彼のホームステイ先に電話をしました。
―もしもし、S君、どう元気でやってる。
「あっ、斉藤さんですか、ここいいとこですね」
―バスケ、学校でやれてる。
「ええ、適当にやってますよ、みんな仲良くしてくれるし」
―安心したよ。英語もできずめそめそしてやしないかと思ってね。
「斉藤さん、大丈夫ですよ。オレ、自分で決めてここに来たんすから」
―そうだよね。君とは日本でほとんど話もしてなかったし、今日は話せてよかった。
「斉藤さん、いまどこっすか」
―ニュージーランドのロトルア、静かですごくいいところだ。
「この学校は改築中なんで、校舎せまいし、施設もちょっとふるいし、斉藤さんどこかいい学校ないっすか」
―たくさんあるから心配ない。日本でまた話そう。
「はい、電話ありがとうございました」
青年の饒舌さに私は驚きました。
彼とまともな会話ができたことがうれしくもありました。
あっという間に2週間が過ぎました。
その間に、2回ニュージーランドから彼の写真が送られてきました。
羊と一緒に撮ったもの、農園をバギーで移動しているところ、
公園でのバーベキューパーティーなど、とても楽しそうな様子です。
帰国して1ヶ月以上経ちました。2学期も始まり、彼はどうするのかと
思っていると、留学を考えている友達と一緒に来ると唐突な電話が
彼からありました。
彼の友達はアメリカを希望し、彼も兄の卒業した学校に入りたいようでした。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189