留学コンシェルジュ

日曜コラム - 誕生日

09月30日、語呂合わせでオクサマとなるこの日が家内の誕生日です。
数年前、うっかり誕生日を忘れてしまいったことがあります。
それを、私たち夫婦の共通のニュージーランドの友人に言ったところ、
「カツ(私の名)、あなたはとんでもないことをしてしまったわね。これからは、メモ帳、ダイアリー、あなたがいつも目にするところに、この日を二重にマークして、絶対に忘れてはだめよ」と叱咤されました。
その年以来、私は肝に銘じて、この日は忘れませんでしたが、
さて、当日金曜日、出張を目前に控え、カウンセリングもあり、
あれやこれやと仕事を進めるうち、記憶の「メモ」が、どこかにとびました。
その時、同じオフィスのスタッフが「今日は、~さんの誕生日だから・・・」
という話が聞こえ、
「あっ、そうだ。誕生日、今日!!」
ほっと一息ついて、「帰りには花屋さんは閉まっているだろうから、
では・・・」、と思いめぐらせ、24時までやっているスーパーで
花束とシャンペンの小瓶を買いました。
さて、我が家に帰り、「誕生日おめでとう」と家内に花束を渡すと、
「もー、何度言ったらわかるの、これ菊でしょ。仏壇にあげる花」
私には、花弁がえんじ色で外側が白の縁どりのあるかわいい花々が、
とても菊とは思えなかったのですが・・・。
シャンペンを開けて、グラスに注ぎ、もう一度、
「はい、誕生日、おめでとう」といって、それを飲み、
「どう」と家内に聞くと、「まずい」
「駅中のスーパーのほうが、シャンペンの品揃えがよかったなあー」
と思っても、後の祭りでした。小瓶だけど、高いものを選んだのですが・・・。
翌日、会社に行き、前日たまたま帰りの電車に乗り合わせた、
オフィスのスタッフから、「斉藤さん、昨日はどうでしたか」
と聞かれたので、「いやー、それが・・・」とことの次第を話し、
「花束のことも、シャンペンのまずさも、まあ、家内は私以外の人では、思うところをストレートに言えないからね」というと、
「斉藤さんは、優しいですね」と慰められました。
返答に困り、「いやぁー、そうですかねえ」で沈黙。
とりたてて、特別なこともせず、高価な贈り物もない家内の誕生日でしたが、
家内は「バラの花、一本でいいのよ」ということでした。
「来年は、これを実現する」と自分に念をおす私でした。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189