留学コンシェルジュ

お母さんのわが子観1

留学先校に生徒を推薦するにあたり、
お母さんから「わが子観」をまとめてもらいました。
本人とは1週間、学校訪問の旅を通じて、私なりのイメージは
あったのですが、改めてお母さんから本人の在学校内外の
ストーリーを知らせてもらい、私は家族の絆の大切さを
再認識しています。
「人のためには、何も怖がらずに立ち向かって行ける、芯のしっかりした子」
お母さんからのメッセージの結びです。私はこのメッセージに感動しています。
私も2人の息子がいるので、子どもたちの成長の過程で、
学校における「いろいろな出来事」は、家内から聞いていますし、
一筋縄で行かないことは、十分に解っています。
学校に行く前に何度か迷子になったこと、砂場遊び、
40度を超える高熱で何度か夜に病院に連れて行ったこと、
お絵描き教室、スイミングスクール、魚釣り、勉強への無関心、塾通い、
家庭教師の検討、友達付き合い、先生との関係、いじめ、学力テスト、
そして、中学3年生の2月からの留学。
日中は仕事をしている父としての私でさえ、子どもたちの幼少時から
高校を終了するまで、思い出はすらすらと出てくるのですから、
家内はその数百倍の想い出を持っていることでしょう。
お母さんからのメッセージはいろいろなことがあったなかで、
わが子を考え抜き、知ったうえでのことであるわけです。
どんな子になってほしいか ― このテーマが私はそれぞれの家族の
子育ての核心と思っています。
親が子に対して、望むこと、大きいことも、小さいことも、その思念の
コアの部分は明らかに子どもの精神のアンテナがキャッチして、
伝わってゆくものと思います。
お母さんからメッセージをいただいた生徒と1週間の学校訪問で
印象に残っているのは、彼女の笑顔です。
笑うことの好きな私は、口数の少ない、寡黙な人を目の前にすると、
どうにか笑わせようと無意識に思うところがあります。
お母さん曰く、「とても人見知りだけれども・・・」、彼女が見せる
素直な笑顔を私はどうにか引き出したいと、旅の最中にあれやこれや、
彼女が面白がりそうな話題を振ってみるのですが、勝率は2割くらいでした。
寡黙でありながらも、自らの意思で親に留学を進言したその意思、
「好き」と「嫌い」ははっきりしていて、自分の意思を曲げないところなど、
英語圏の文化になじむと思います。
少なくても、群れのなかで、ふわふわと流れることに慣らされていない、
彼女の性格は、海外で意見を求められた時に、はっきりと「自分は」という
主語(動作主)を使えると思います。
お母さんからのメッセージに私は「世界共通の求められる人間性」と
返信しました。そして、日本では、それを男において義侠心と言い、
女性においては「侠(きゃん)」と表現されると伝えました。
いずれも、人間関係の基本だと思います。その基礎があるからこそ、
海外の新たな生活の場が生かされる。
その基礎を作ったのは、ほかでもないお母さん、お父さんであることが
私のこのお母さんへの結びのメッセージでした。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189