留学コンシェルジュ

ニュージーランド留学 - 留学生保険について

留学生が加入する傷害保険は2種類に大別されます。ひとつは日本の保険会社のもの、もうひとつは現地の保険会社によるものです。ニュージーランドの場合、ユニケアーとサザンクロスという名称の現地傷害保険があります。
留学の場合、ほとんどの受け入れ校が現地の傷害保険会社が提供する保険を勧めます。その理由は、病気、怪我などで保険を使う場合、保険の手続きをするのは、留学生ではなくて学校だからです。日本の保険は、病気、怪我以外にも、対人・対物賠償責任、物損補償、航空機遅延補償、救護者援助費用など補償内容も充実していますが、保険請求の手続きという段階になって、実際に手続きをする、現地の学校の保険担当者にとっては不便なようです。
現地保険の手続きが便利で、日本の保険が不便な理由は、当然のことながら、保険手続窓口の対応によるわけですが、学校が推薦する保険を使うほうが、留学生にとっても学校にとっても、手間もかからず便利といえるでしょう。
保険費用については、ユニケアー、サザンクロスが12か月で600ドルほど、日本の保険は12か月で15万円ほどです。
1年単位のニュージーランドへの留学の場合、合格が決まって、学校より入学許可書とともに、授業料、生活費等の支払請求書が送られてきますが、その中にほとんどの学校が、ユニケアーないしはサザンクロスの保険費用を付け加えています。留学生は、学校の指示通りに、費用を支払うことにより、それを受け取った学校が窓口となり、保険を作成することになります。
これで保険加入は間違えありませんが、多くの学校が、保険の補償内容明細、すなわち保険証券を留学生のもとに送って来ません。保険の内容明細を送るように、学校に指示する必要があります。
現地保険、ユニケアーの標準的補償内容を下記に示します。
(単位:ニュージーランドドル)
医療費
入院、手術、通院(無制限)
精神疾患治療、カウンセリング(20,000)
一時帰国時の医療費(200,000)
日本帰国後の治療費(20,000)
(滞在中からの継続的な)
眼科治療:1年間の合計補償額(300)
(6ヶ月以上の加入者にのみ適用)
その他の治療にかかる費用(1年間の合計補償額)
下記の政府公認医師または専門医の診察のみ(500)
(整体師、鍼灸師、整骨医、足病医、栄養士、栄養学者、皮膚科医)
                  
関連経費
一般携行品損害(各品2500ドルまで:30,000)
現金の紛失や盗難(1,000)
医療目的の緊急帰国とキャンセル費(無制限)
再渡航(100,000) 
(医療目的の緊急帰国後の再渡航)
同伴家族の緊急渡航(100,000)
怪我による死亡または後遺障害(50,000)
賠償責任(2,500,000)
ハイジャック($100/一日:10,000)

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189