留学コンシェルジュ

今からでも9月入学できるボーディングスクール

北米の学校の新学期までおおよそ1カ月、実は今からでも
入学できるボーディングスクールはたくさんあります。
それらの学校を調べるには、いくつかの方法がありますが、
Boarding School Reviewというサイトを利用する方法を、
簡単ですが、説明します。
検索サイトから上記を検索し、Find Schoolsをクリックして生徒数、
地域、その他の条件から学校を絞り込みます。
リストアップされた学校のAdmissionsの項目を参照して、
Application deadlineのところにrollingとあれば、
締切日はないと解釈して差し支えありません。
もちろん、募集定員いっぱいとなれば、募集していない旨、
出願時にその通知があります。
今からの出願は、まず学校に連絡して、入学枠があるかどうかを
確かめてからにすることが賢明です。
一般にESLのある学校であれば、まだ受け入れ枠のある
ボーディングスクールはかなりの数(50校~80校くらい)になるでしょう。
Rollingというのは、1年を通じて生徒を受けれるという意味です。
これから9月入学を目指す場合、留意すべきことは、
ビザ取得に要する時間の問題です。合格しても、
学生ビザを取得しなければ、渡航できません。
また、5万ドル~6万ドルほどの授業料(寮費、食費を含む)の支払い
も行わなければなりません。
万が一のビザ不許可のケースも考えて、授業料の一部(1-2割程度)を
支払うことで、入学許可書を取得し、ビザを取得したのちに
残りの授業料を支払うようにします。
本日の段階ではアメリカ大使館(東京)での8月、
ビザ面接の空き状況は300件以上ありました。
学校選び、出願、合格、入学契約、ビザ取得、授業料支払、渡航、
このプロセスを1か月で行うことは、決して簡単ではありません。
合格が取り付けられない場合もあるでしょうし、授業料が思っていたよりも、
4割くらい高いなどということもあるでしょう。
そんな時のために留学のコンサルタントがいると思いますが、
もし、留学生本人と家族だけでボーディングスクール入学を
達成したいのであれば、最低限度の知識を得るために、
専門のコンサルタントのカウンセリングを受けることをお勧めします。
私の希望は、一人での多くの人が異文化を体験することですから、
一般の問い合わせに対して、ボーディングスクールの情報提供を
喜んでしたいと思っています。
問題は、問い合わせがとても漠然として、どんな情報が必要なのか
初回の問い合わせでは全くわからないことです。
「必要な情報は何でしょうか」と聞くのですが、
多くの場合は、返信がありません。
E-Conciergeのサイトのトップページ左側、ボーディングスクール情報を
一覧していただければ、おおよそボーディングスクール全般の知識は
網羅できるのではないかと思っています。
これからボーディングスクール留学を目指すご家族の参考になればと
思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189