留学コンシェルジュ

夏のボーディングスクール訪問 3日目 再度のフライトキャンセル

前日のブログはこれからボーディングスクールを
訪問しようとする皆さんに「どうしても知っておいてもらいたい」、
その思いを込めて書きました。
文明の利器の最先端を行く航空旅客機とはいえ、
少し激しい夕立に空港が見舞われれば飛べません。
空港の地上職員はその都度、対応に追われ、善意に満ちていても、
彼らの再スケジュール・再予約が完璧ではありません。
おまけに、夏のバケーションの時期における主要都市の
ホテルの込み具合も私の想像をはるかに超える激しいものでした。
2日目、リスケジュールされたフライトは1時間遅れで
ニューワーク空港に到着、レンタカーを駆って、
元気よく空港を飛び出したのですが、ニューヨーク近郊は
激しい交通渋滞。結局、訪問2日目のOxford Academyと
Storm King Schoolの訪問時間は2-3時間遅れました。
大陸的なアドミッション職員の協力でつつがなく、
訪問を終了することができました。
彼らの寛容さ、楽観さに感謝しています。
Oxford Academyは現在9年生から12年生の総生徒数43人、
スポーツ活動などを除いて、学習はすべて生徒と先生、
1対1の完全個人指導で行われている男子校です。
定員は48名でそれ以上に生徒を増やす予定はないそうです。
Storm King Schoolは総生徒数-人で、9年生から12年生までの
共学校です。今まで訪問した3校は、いずれも生徒数150人以下の
スモール・ボーティングスクールに分類されます。
残念なことに3校とも、日本からの現役留学生はゼロです。
スモール・ボーティングスクールの学校群は、
生徒数が300人以上の中堅・難関ボーディングスクールと違い、
生徒に対する個別インタビューは厳密に実施されないところが
多くあります。
留学生の場合、学習基礎能力に問題がなく、
日本での軽金成績が3(1-5評価)を超えていれば、
本人の学習意思が明確である以上、不合格という判定は
極めて稀です。
今回の学校訪問は7月という通常では遅すぎる時期ですが、
可能であれば、今年の9月入学を目指して行われています。
それが無理であれば、来年1月からの入学交渉です。
Big Family like Schoolとはスモール・ボーティングスクールで
教育に携わるほとんどの人が公言する母校理念です。
それをそれぞれの独自の方法をもって貫いている人々に
教育に従事するものとして、私は少しだけ羨望の念を抱きます。
Storm King Schoolでは、鹿4頭がわがもの顔でキャンパスを
闊歩していました。小鹿も生まれて、彼らの態度は、
人を恐れない横柄さを感じさせます。
「鹿に一目置く」、これからの人間の在り方には必要な
要素であると思います。
いずれの学校においても、詰込み型教育はあり得ないと思います。
毎日が詰込み教育の連続であれば、数年間でこれらの学校は
生徒減のために、閉じることになるでしょう。
そこにあるのは自然との調和、好きなことへの取り組み、
先生と生徒の親近感、自分の可能性への追求など、
静かで、和むような人が本来、持っている意識、
「ゆとり」を私は感じました。
つづく

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189