留学コンシェルジュ

ボーディングスクールへの留学-年間費用の実際

アメリカボーディングスクールの平均的年間授業料(寮費、食費含む)は、
ボーディングスクールレビューによると、40,750ドルとされています。
そのほかに、留学生の場合はESL費用として年間5000ドル~7000ドルほどが、
加算されることが多いのですが、学校によってははじめからESL費用を
含んだ授業料表記をするところもあります。
一般に学校のホームページでは、費用に関する記述は少なく、
授業料以外に年間どのような費用がかかるのかなどの表記はあまり見当たりません。
私の今までの経験から類推すれば、契約書に表記される年間費用以外に、
おおよそ下記の費用が必要となります。
・ 課外活動費、IT関連費用、実習費用、教材費用-2000ドル~3000ドル
・ 授業料保険(授業料を2回以上の支払いにした場合)-800ドル程度
・ 旅行参加費用(オプション)-2000ドル~3000ドル
上記以外に本人の小遣い、学校の寮を出るときの交通費、滞在費が必要となります。
夏休みの帰国は別として、先日のブログで書きましたが、
留学生は少なくとも年に3回寮を出なければなりません。
その都度日本に帰国する生徒もいます。
帰国回数によって、必要な経費にかなり差が出るとは思いますが、
一般的に年間で必要な現地経費は最小限で5000ドルほどを
考えておく必要があると思います。
初年度はサマースクールから学校生活を始めることが多いですが、
1ヶ月ほどのサマースクール費用は5000ドル~6000ドルほどになります。
サマースクールは6月下旬~7月上旬から始まり遅くとも8月上旬には
終了しますから、日本に一端帰国して、9月の新学期に再渡航するのが、
一般的です。
上記、概算見積は合格発表時に本人および親に学校より通知されません。
かつ、その後に送られてくる契約書に書かれている費用は、
授業料のみのケースがほとんどです。
授業料支払いの時期は3月に合格通知を受けてのち、4月に学校との契約書に
署名して提出し、デポジット(授業料の一部として4000ドルほどの支払い)の
支払いを行います。7月に残りを支払います。
契約書には学校が始まる前でもある期日を過ぎると授業料の支払い義務が
生じる旨、書かれていますので、契約書をよく理解したうえで
署名することが肝要です。
ボーディングスクールの契約は1年更新です。
授業料の支払いは1回ないし2回の選択ができます。
一年ごとの更新ですので、極端な成績不振、たび重なる規則違反等があると、
2年目の更新は学校が断る場合もあります。
1月の後期から入学する場合は、年間授業料の3分の2ほどの
授業料支払いが一般的です。
以上、これからボーディングスクール留学を目指すご家族の参考になれば
幸いです。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189