留学コンシェルジュ

日曜コラム

体力維持のため、いつも早朝に通う公園に91歳のおじいさんとその奥さんがいます。
運動の指南をしてもらい、時間のある時にはおじいさんが過去を語ります。
現役時代には「名犬ラッシー」を日本に呼ぶなど、創世期のテレビ界、
スポーツ界で活躍されたと言います。
そんなおじいさんには戦争体験があります。場所は満州だったそうです。
敗戦間際、ソ連が日本に宣戦布告し、彼らと戦うことを余儀なくされたと言います。
おじいさんは若手の士官であり、隊を率いて前線を経験したそうです。
ソ連との戦闘は悲惨であったといいます。
「ヤッポィマイ」(日本人に対する蔑称)と叫びながらかかってくるうら若い
ソ連の兵士との戦いを語るおじいさんの言葉に彼から見れば少年のような
私たち戦争を知らない世代は、ため息と体の芯を
震撼させるような感情を禁じえません。
公園には「仲間」がいます。
おおよそ60代、70代の人たちで、私が最年少です。
写真を撮ることの好きなおじいさん。
散歩がてら、ゴミを拾い集めるおじいさん。
息子の食事を作って送り出してから、やってくるおばさん。
長年、八丈島で暮らし、息子夫婦のところに移ってきたおばあさん。
76歳になっても、ゴルフ三昧で、腹筋運動を欠かさないおじいさん。
などなど、朝の公園にはいろいろな人が来ます。
私が留学していた79-81年、アメリカの大学にはベトナム経験者が
多数在籍し、授業の折自分の戦争体験を語っていたことを思い出します。
戦争は国家の意思として行うものですが、これからの世界では
国家の意思はすべて平和に向かってほしい、私は切に思います。
公園の仲間たちもそう考えています。
彼らの「平和」がづっと続くように、いつでも公園に人が集まり、
のんびりと体力維持のためのささやかな運動ができるように、
私はこれからの若者に期待します。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189