留学コンシェルジュ

ボーディングスクール・サマースクールの実際 Choate Rosemary Hall

昨年、難関ボーディングスクールと言われるChoate Rosemary Hallの
サマースクールに参加した生徒さんからその実体験を聞きました。
本人の印象を総合すると、「あきない、あっという間の1か月あまり、自由」
に加えて、「タフな勉強」であったそうです。
自由さのハイライトとして、
朝食は食べても食べなくても自由、生徒が集うラウンジの2階には
スタバー的なコーヒーショップ(有料です)があり、そこでチョコレート、バニラ、
ストロベリーなどのシェイクがあり、甘いもの好きな生徒には絶好の社交場。
夜、2時間のスタホー(study hall:自習時間)が終わると、
学校の広場にピザ、中華料理、アイスクリームの屋台が車でやってくる。
1日の勉強の締めくくりで食べる「夜食がなんと美味」とは本人の言ですが、
「だからみんな太る」と私は返しました。
3時ころに勉強を終えるとたくさんあるActivitiesの時間になります。
あらかじめ決めたものに参加するのですが、空きがある限り、
コースの変更は自由だそうです。
ちなみに、本人はサッカーを取ったものの、人数の多さに驚き、
スカッシュに変更したそうですが、20面ある室内コートでのスカッシュは
大変楽しくプレーできたそうです。用具は貸してくれるそうです。
勉強に関してですが、
午前中はEnglishのwritingとreadingが行われ、午後は選択科目。
writingに関しては、毎日300字以上のエッセイが宿題となったそうです。
先生が宿題をオンラインでチェックし、299文字であると不可となるそうです。
毎日、これだけ書けばその力も伸びると思います。
午後の選択科目、本人はアートを取ったそうです。
1か月強のコースになんと先生は3名、アートヒストリー、
アート作成、そして建築など分野により専門家を配置するところが、
素晴らしいですね。
この3名の先生はそれぞれの分野で著名な人だそうです。
彼女は特にアートが好きではなかったそうです。
しかし、3人の専門家の授業は魅力的だったと言います。
アートを愛し、それで生活している人であるが故、
授業も盛り上がり、生徒を飽きさせないものになるのでしょう。
彼らを雇う費用もかなりのものでしょう。
ないしは、彼ら自身がChoateの卒業生で、母校のためにボランティアを
買って出たのかもしれません。ボーディングスクールではよくあることです。
私はあえて副教科であるアートに力を入れる、Choateの教育的姿勢に
ボーディングスクールの精神を見出します。
昨年、Choateのサマーに参加した日本人は8名。
本人によると、Choateのサマーに参加した留学生はすべからく、
英語には問題がなく、宿題をやってこない生徒は皆無だったとのことです。
初めの1週間はタフな勉強に憂いたそうですが、2週間目からはあっという間に
過ぎていった14歳の生徒のChoateでのサマー体験。
この情報がボーディングスクール留学を目指す皆さんに
参考になることを願っています。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189