留学コンシェルジュ

親子留学の留意点 - その1:親子の英語力ギャップ

近年、親子(母子)留学がアジア圏を中心に増加傾向にあると思います。
今まで私は10組ほどの親子留学をお世話させていただきましたが、
単身留学に比較して、成功率が高いとは言えません。
これから親子での留学を検討されるご家族ために、
親子留学の留意点を解説させていただきます。
親子留学成否のカギを握るのはお母さんだと思います。
問題は、子供が現地で日々英語力を伸ばし、
学校を中心とした生活に順応して行く中で、
お母さんの生活適応と英語力が子供に
追いついて行かないことにあります。
お母さんとしての日常にそれほどの英語力は
必要とされませんし、学習に専念する時間も
実際はあまりさくことが出来ません。
半年もすれば、英語力の差は歴然とします。
子供の交友範囲が広がるにつれて、行動範囲も広がります。
子供がどこで何をしているのかを把握できない場合、
お母さんのフラストレーションは蓄積されます。
生活に必要な最低限の読解力、英語の理解力も
単独ですべて処理出来ないので、現地世話人によりサポートを
受けるわけですが、お母さんのニーズにすべて答えることは
現実的に無理があります。
子供の急な体調不良や怪我などへの対応も
お母さんが乗り越えなければいけないハードルとなります。
現地世話人がいなくても、お母さん自身が、
必ず自分でやりぬく決意が、親子留学の基本であると思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189