留学コンシェルジュ

ニュージーランド留学 - 私立高校での授業で

日本の高校とニュージーランドの高校の違いは、
生徒のクラスへの参加度合 - 1年間のニュージーランド留学を行っている
しおりさんの率直な印象です。
「RE(Religious Education)クラスにおいて
日本の授業とのコントラストは明確」
と彼女は言います。
ニュージーランドの場合、一クラスは15名程度だそうですが、
先生が生徒ひとり一人に
「あなたにとってキリスト教とは何ですか」という問いかけをするそうです。
生徒は臆することなく、Love、Hope、Sun 、Friendなどと
回答し、時には先生とのやりとりで授業の大半が
使われることもあるそうです。
授業は生徒が自主的に選択すること、
生徒がはっきりと自分の意見を述べること、
先生と生徒の関係は子弟ではなく、
友達同士のようであること、
などが彼女の現地高校の印象です。
ニュージーランドのみならず欧米文化の特徴を
彼女の印象は表わしていると私は感じました。
彼らは「空気を読む」という意識が極めて薄く、
「個」の確立が明確なのだと思います。
個が確立し、協調、調和を尊重し、
礼儀や人との関係性を重んじることが出来れば、
それは素晴らしい人が育ち、その人たちがリードする
社会も世界に貢献できるものと考えられないでしょうか。
しおりさんはニュージーランド文化に接し、
そのかけがえのない経験を将来に生かすことが、
出来ると私は確信します。
彼女はしみじみと「日本はいいなあ」と感じるそうです。
「そう考えることが素晴らしいなあ」と私は思います。
英語が話せたらどれだけ自分の世界が広がるだろうと、
多くの人が日本を飛び出して世界で学ぶ中で、
やはり心のふるさとは日本にある。
その原点には社会の最小単位としての家族が
明確に存在すると思います。
そして、いつでも心に故郷を持っている人は、
そのレンジを世界に広げられるのだと思います。
しおりさんのように、異文化を自分の心の鏡に映して、
あらたな自分を世界に発信できる人が、一人でも多くなるよう、
この仕事を通じて考えて行きたいと思っています。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189