留学コンシェルジュ

ヒロコさんのチャレンジ - アメリカで医師になる

アメリカ、ネブラスカ州にあるクレイトン大学に奨学金つきで合格したヒロコさん、
専攻はPhysical Therapy(運動療法)、これから彼女のチャレンジが始まります。
日本違い、アメリカの大学には医学部はありません。
大学院レベルでメディカルスクールといった専門課程に入って、
医師となるわけです。
大学での4年間は専門課程に入るための準備を行い、
専門課程で勉強しやすいように、広範な分野の勉強を行います。
ヒロコさんの入学したクレイトン大学には大学付属のメディカルセンター
があり、彼女の専攻特化する運動療法は、下記2つのコースに分かれています。
・準備過程(Pre-Physical Therapy)-90単位(おおよそ2年間)
・専門課程(Physical Therapy)-4年間
専門課程を修了するとDoctor of Physical Therapyの称号が与えられます。
運動療法士というよりも6年間の学習の内容からして、
運動療法を専門とする医師といえると思います。
準備過程の科目をざっと挙げます。
・実験付生物学2科目           8単位
・実験付一般化学2科目          8単位
・実験付物理学2科目           8単位
・生理学                 3単位 
・国語(英語)              6単位
・統計学                 3単位
・神学(学校がミッション系のため)    6単位
・選択科目(心理学分野の科目を含みます) 48単位
ヒロコさんはコネチカット州にあるThe Gunneryというボーディングスクール
の卒業生です。
先週、卒業おめでとうランチをしたのですが、
彼女は生理学とおぼしき厚さ4センチほどの教科書を持参していました。
すでに大学生モードになっているのかもしれません。
これから半端でない学習と実験生活が待っています。
その彼女を支えるのは、4年間のボーディングスクール生活にあるかもしれません。
なにしろ、大学から奨学金をもらえるほど、
努力をしてThe Gunneryを卒業したのですから。
4年間の苦労はこれからの大学生活で大いにその力を発揮すると思います。
しかし、ヒロコさん、無理しないでください。
人生は長い。ゆっくりと君の留学生活の後半を楽しんでください。
苦しい時は、運動セラピストとして、多くの患者さんと接している自分を想像してください。
ご健闘をお祈りします。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189