留学コンシェルジュ

難関校合格のために

海外の私立難関校受験はすべてAO方式で受験が行われます。
今までに合格した生徒さんたちはおおよそ4つのパターンに分類されます。
① 幼年時代を海外で過ごし、英語力をすでに身につけている
② 中学2年生ころから留学して2年あまりジュニアスクールで過ごして高校受験に臨む
③ 中・高一貫校で中学時代に編入する
④ 早めに受験校を絞り、1年くらい日本で留学の準備に専念する
留学する年齢と要求される英語力は比例しますので、
難関校受験は遅くても中学校3年生くらいで準備する必要があるでしょう。
最も大切なのは留学先の選定です。
アメリカのテンスクールズやイギリスのザナインなどの世界的に有名な難関校は、
入学基準の英語力はTOEFLで100点、英検なら1級のレベルです。
カナダ、オーストラリア、そしてニュージーランドなどのトップ校であれば、
世界的競争力はアメリカやイギリスには劣るものの、
費用面、日本を含めた大学への進学先校、現地での学習内容など、
十分にメリットがあると思います。
アメリカ以外の国でしたらIB(インターナショナルバカロレア)プログラムを
備えている学校も多くあります。
各国の私立校はアジアからの留学生のうち、日本人の占める割合が大変低いので、
日本からの願書は歓迎されています。
また、アメリカでは難関校に合格しても、下位の学校で奨学金を取得して学ぶ生徒も近年の傾向ですから、
日本人の難関校入学の可能性は今後数年間は高くなるでしょう。
難関校留学、チャレンジしてみませんか。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社毎日エデュケーション小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189