留学コンシェルジュ

バイリンガルの必須要素

英語が話せるようになりたい、英語を使った仕事に就きたい、
外国と繋がりのある仕事をしたいなど、英語でのコミュニケーションが
教養だけでなく、実際にできることが重視されるようになりました。
国際化社会のなかで、共通言語といえば英語が最有力です。
英語を学ぶのに年齢、場所の制限はありません。
日本の場合、中学までの義務教育を終えてから
留学をするというのが一般的でした。
高校時代の留学も当然ありますが、1学年間の体験留学が主流です。
語学力の習得という意味では、早ければ早いほど、
その吸収力もあるわけですが、それと同時に忘れる時間も早くなります。
また、母国語とのバランスも考えなければいけません。
そして、2つの言語を自由に使えるために、欠かせない要素が
自分が依って立つ文化です。
英語にアイデンティティーという言葉がありますが、この自己認識概念は、
そもそも日本という海外とは海を隔てて独立した国にとっては、
日常での異文化との関わりは欧米をはじめとして、アフリカや
南米などの国々と比べてもかなり低いために難しいのかもしれません。
言葉や専門分野での学習であれば、中等教育時代からあえて家族と離れ、
異文化のなかで暮らす必要もないかもしれません。
それでも、生活に必要な最低限度のコミュニケーションは
獲得できるでしょうし、専門分野の研究や学習となれば、
日常とは切り離された世界のことになると思います。
では、今社会で求められているバイリンガルとはどのような人なのでしょうか。
一言でいえば、自己主張が明確でその根拠が示せることだと思います。
そのために異文化理解が絶対に必要となり、それを学べば学ぶほど、
自分の持っている文化との対比のなかでのアイデンティティーが必要です。
そのアイデンティティーがはっきりしないと、結局、異文化の理解度も
深くならないと思います。
バイリンガルとは、2つの言語が話せるだけでなく、
それぞれの文化についても十分な理解があるということです。
もちろん、社会に出てからバイリンガルとして生きていくためには、
話せる、聞けるだけでは不十分です。
読めて、書けなければ、バイリンガルとしては通用しないでしょう。
そのような視点で考えると、可能であるならば、中等教育時代から、
異文化のなかで苦労して自分のアイデンティティーを獲得することは、
その人の人生にとってとても価値があると思います。

関連記事

関連キーワード

留学コンシェルジュ

TOP

株式会社KITE小学生・中学生・高校生専門の海外留学サポート イーコンシェルジュ / 運営(株)KITE〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1FTEL 03-6267-4189